2013年12月05日

師走の幕開けは、カテドラルで!


早いもので、師走に入った。既に期末試験の時期となり、授業も終わってしまった。担任である高3のクラスもいよいよ登校するのは残り少なくなった。寂しいような嬉しいような、いや、やはり一抹の寂しさは否めない。



988760_551785038247922_1536138820_n.jpgそんな折、期末試験の初日に恒例の東京カテドラルで行われたチャリテイー・コンサート「Hope With」に女房と行ってきた。そして、そのあまりの素晴らしさに感動し、幾度か目に汗をかいた。今回で5回目を迎えたけれど、前回までと比べて一段レベル・アップしたことは間違いない。その選曲の素晴らしさや配置も絶妙であった。そのラインアップはあらためて下記に紹介したいが、参加者の皆さんも大幅にその聴衆としてのレベルを上げた感があった。



自分はと言えば、この日の歌手の紹介を兼ねて歌われた「アヴェ・マリア」4連発の中で、カッチーニの「アヴェ・マリア」で先ずは大粒の汗を目から流したのであった。一方で女房はと言うと、これまたモーツアルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」で目頭を押さえていた。



<第1部>

1、目覚めよと呼ぶ声ありBWV645 J.S.Bach(青田絹江)

2、アヴェ・ベルム・コルプス Mozart

3、アヴェ・マリア Gounod(小林由佳)

4、アヴェ・マリア Schubert(立花敏弘)

5、アヴェ・マリア Caccini(高橋薫子)

6、アヴェ・マリア Mascagni(樋口達哉)

7、歌劇「セミラーミデ」より「麗しい光が」Rossini

8、歌劇「タンホイザー」より「夕星の歌」Wagner

9、歌劇「シャモニーのリンダ」より「私の心の光」Dnizetti

10、歌劇「トスカ」より「星は光りぬ」Puccini

11、歌劇「メリーウイドウ」より「愛のワルツ」Lehar

12、トッカータとフーガ ニ短調BWV565 J.S.Bach

<第2部>

1、オルガン交響曲5番Op,42No,1より Widor

2、Far away 彼方の光 村松宗継

3、Nella Fantasia Morricone

4、戦場のメリークリスマス 坂本龍一

5、The Colours of Christmas J.Rutter

6、Nutcracker Jingles「くるみ割りジングル」 Tchaikovsky

7、Gesu Bambino~O holy night

8、ミュージカル「レ・ミゼラブル」より「民衆の歌が聞こえるか」A.R.Webber

9、花は咲く 菅野よう子

<皆さんと>もろびとこぞりて

構成・編曲・ピアノ演奏 北村晶子



「アヴェ・マリア」4連発で歌手の紹介をしながら、歌劇のアリアへと進む。すべては今回のテーマ「光」にちなむ歌ばかりである。そして、バッハの重厚なパイプオルガンで〆る第1部。15分の休憩をはさんでの第2部は「彼方の光」や「戦場のメリークリスマス」「花は咲く」など身近な楽曲も含めて盛り上がり、最後は参加者全員での「もろびとこぞりて」でお開きとなった。進行はバリトンの立花さんで、主催者挨拶は森弘子さんであった。総じて選曲とバランスが絶妙で、過去4回から一段とレベルアップした感があった。また、言うまでもないが音楽監督と言ってよい北村晶子さんの力が大きい。そして、北村さんは僕の大学時代の友人である大久保さんの幼馴染なのである。帰りがけに「今回はすごく良かったよ〜!」と声をかけると喜んでいたのが印象的だった。

posted by sotoyan at 00:25| Comment(3) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

夢ナビライブ

酷暑の中、昨日は東京ビッグサイトで夢ナビライブであった。ライブと言っても音楽のコンサートではなく、大学進学系フェスなのだ。何故にライブかというと、模擬授業が受けられるし、大学の説明会も同時に行われているので、文字通りオープンキャンパスの見本市のようなビッグ・イベントなのである。

110716_1657~0002.jpgそこへ、高1〜高3の生徒をドカンとぶちこむわけだから、我々も大変だった。早番と遅番に分かれて、会場の周辺を適当に巡回しつつ、興味をひく講義があれば一緒に聴講したり、自分の母校の大学の説明会をのぞきに行ったり、幾度かは会場を出て一休みをしたりと、とにかく「酷暑の夏はおろおろ歩き」の状態だった。

自分が興味を惹かれた講義は、次の3つ。
1、「新しい時代の建築と都市作り」工学院大学建築学部まちづくり学科倉田直道教授
2、「魔法のコーチング〜ほかと差がつくコーチングの秘密を探ろう」日本体育大学体育学部武道学科伊藤雅充准教授
3、「ネットワークの科学〜みんなつながっている」東京大学大学院理工学系研究科数理情報学専攻増田直紀准教授

特に、「ネットワーク」を数学的に考え、「あなたの友達は、あなたより有名」「6次で世界はつながる」「ベキの法則」などは身震いするほど新鮮な指摘だった。簡単に言うと、ネットワーク(網の目)は一律でなく、ハブと呼ばれる超過密なネットワーク(1万人や10万人とつながる)を持つ人間が数人存在する一方で、9割方は2〜3人から10人程度のネットワークしか持たない人間で成り立っているということ。それは、いろいろな事象に応用でき、正規分布ではなくて「べき分布」という、反比例の曲線のようなラインで描かれる。つまり、極端に不均衡で不平等なのが世の中の事象の本質であるというわけだ。

110716_1715~0003.jpg「やっぱり、世の中はかくも不平等だったか」と感動しながら17時でお開きとなり、東京ビッグサイトを後にして、打ち上げへと向かったのであった。

会場内では他校の知った面々にも会えたし、それなりに刺激も受けたので参加して良かったと思ったが、こうしたイベント、自分らが高校生の頃は全くなかったよなと思いつつ、これが面倒見の良いことなのか、或いは過保護なのかと一抹の疑念もよぎるのだった。更に言えば、大学進学ビジネスや就職ビジネスにどこか踊らされている気がしないでもない。そう、「もうじき、アナログ終了です!」という地デジ化のように・・。

posted by sotoyan at 22:21| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

デジフォト講座終了!


resize0078.jpg昨日、高3講座のデジフォトが終了した。例年、3学期は入試対応のために高3は自由登校になっており、正規の授業がない代わりに各自が任意で選択した高3講座を2コマとることになっている。この講座は「センター入試対策」のような勉強ものから、「紙飛行機を作ろう」「テーブルマナー」「東海道を歩く」みたいなカルチャー&趣味ものまで多種多彩で、僕が開いたのはデジカメ写真でフォトブックを作ろうという講座だった。ノートPCやデジカメ持参で5名限定の予定だったが、飛び入りもあって結局7名であった。

2時間続きの授業が2回ということなので、実質的には作業にほぼ時間を使う。あらかじめ使う写真を用意してもらい、時間中には「MY BOOK EDITOR」というソフトを使ってすぐに製作に入るという予定だった。まあ、写真が足りない者はデジカメで新たに写真を撮るし、PCがない者は僕のを貸して作業に当たらせ、また、自宅のデスクトップでも作業を続けてもらった。


resize0079.jpg2回目の昨日はその作品鑑賞で、完成した5人の作品を皆で見た。それぞれがやはり、この3年間を振り返るという感じのアルバムに仕上がっており、なかなかの出来だった。中には「Daily life in Tomioka」という自宅近辺の景色をメインにした作品もあった。いずれにしても、20ページ立て写真20枚のアルバムが各自のセンスで仕上がる様は、わくわくさせるものがあった。

最後には皆で記念の集合写真を1枚を撮り、講座は無事終了した。1年次に教えたメンバーが5名おり、彼らの成長ぶりもうれしかったが、何より共にフォトブックを作るという作業自体が楽しかった。そんなみんなの様子を僕もデジカメで撮っており、その写真を見ながら昨夜一気に「メイキング」のフォトブックを完成させた。


resize0077.jpgまあ、「好きこそものの上手なれ」というが、正しく今回のデジフォト講座はそれであった。最後にここだけの話だが、彼らの作品がアルバムとして出来上がって来たら、僕の作ったメイキング・アルバムを記念に1冊づつ進呈しようと思っている。というわけで、この記事を読んで下さった皆さん、どうぞ内緒でお願いしますわーい(嬉しい顔)


posted by sotoyan at 09:13| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

ファイト〜、壱発!

ラーメンexclamation×2と続く。

昨夜は某会議で遅くなり、その後の「飲み」も手伝って遅くなってしまったが、地元の駅に帰ってくるとどうにもお腹が空いてしまった。「今夜は、ラーメンだなあexclamation×2」という訳で、かねてから懸案の「壱発ラーメン」に寄って来た。


101126_2244~0001.jpg時間はもう夜の10時過ぎなのに、多くのお客さんで賑わっている。考えてみると、この時間あたりが、やっぱりラーメンが食べたくなる時間なのだろう。若手のサラリーマン風に加え、家族連れ、カップルとみんな楽しそうに待っている。

さて、かういう自分も食券を買ってカウンターで待つこと暫し、ついに、1000円の「ねぎチャーシュー(醤油)」がやって来た。何と、御覧の通り、チャーシューが9枚exclamation×2わーい(嬉しい顔)、どんぶりを囲む花びらのように盛り付けられている。思わず圧倒されながら、チャーシューをスープに沈めつつ食べ始める。チャーシューは実に柔らかく、スープの中で適度に細かくほぐれて行き、ねぎや麺と共に食べやすくなるのだ。

「いやあ〜、やっぱり、ラーメンだなあexclamation×2」と胸の中で呟きながら、ぐいぐいとチャーシューにねぎを絡めながらやっつけていく。スープは醤油ベースだが、見た感じはトンコツ風で濃厚な味である。麺はちょい少な目のような気もしたが、なにせ、このチャーシューの量である。十分にお腹がいっぱいになってしまった。

店の外へ出ると、ポツポツと雨粒が落ちてきていた。「さあ、帰ろう」と、男は再び改造シテイサイクルをこぎ出したのであった。
posted by sotoyan at 08:08| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

kenkoミラーレンズ800mmを試す!


resize0970.jpg秋晴れの1日、最近求めたkenkoミラーレンズ800mmを試しに、浅川のサイクリングコースへ行った。まあ、500mmを超える超望遠レンズの高額であることは言うまでもないが、このミラーレンズは約3万円。F値は8で固定で全てマニュアル操作であるが、果たしてどの程度使えるのか試してみた。
趣味人アルバム


resize0976.jpgアルバムを見て頂くと大体はお分かりになると思うが、なかなか扱うには熟練が必要かと思われた。というのも、マニュアルでピントを合わせることが結構大変であった。また、手振れ補正のようなものはないので、ブレ対策でシャッタースピードを1/4000、また、ISO1600で撮影したが、これで概ね使用に耐えるという感じであった。


resize0980.jpgもっとも、アルバムには載せていないが、奥多摩の山並みを撮影した所、やはりシャープさには欠け、大岳山や御前山などほんわかした輪郭であった。唯、ミラーレンズ本体がかなり大きく、ほぼトレペと同様のサイズで900g弱であることを考えるとなかなか携行しずらい面もあるが、それでも「何か」を期待させる部分を持っているレンズであるとしておこう。

posted by sotoyan at 20:13| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

新ブログ・パーツ

ブログのサイドバーに新しい仲間が加わった。右の一番上にある東京電力のものだが、これをクリックして頂くとなかなか楽しいエコ企画となっている。

イメージは尾瀬かなexclamation&question或るものが或るものを育てるということで、是非、一度お試しあれexclamation×2わーい(嬉しい顔)

ps、夏の暑さのせいではないと思うが、金魚のコメット君が相次いで逝ってしまったふらふら。この所、部活で忙しい息子も落胆していたが、結果的に金魚君の水槽があった場所にウーパー君の水槽が置かれることになった。想定外の解決exclamation&questionとなった。
posted by sotoyan at 23:11| Comment(4) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

NEW HOUSE!


090803_1134~0001.jpgこの所のウーパー君の成長ぶりに、遂に新しい住まいの購入を決断した。そして、今日の午前中にそれは届いた。ネットで注文したのだが、奇しくも熊本の会社であった。

角が丸くなっている水槽に、ガーネットの砂2kg。加えて、人工水草(布製)2種×3組。これで、出来上がったのがこれだexclamation×2と言っても、この画像では一部しか映ってはいないが、ウーパー君も大いに喜んでいる(と思いたい)。


090803_1108~0001.jpg唯、水槽には約三分の一しか水が入っていないのだが、それでもけっこう重い。そして、置く場所に正直言って悩んでいる。リビングのテーブルが一番安定感があっていいのだが、ここは食事をする場所でもあるので、さすがに置きっぱなしというわけにはいかない。仕方なく現在の所、リビングの窓側の隅に仮置きしている。

posted by sotoyan at 19:52| Comment(6) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

おまけ〜横溝正史館


yokomizoyashiki.jpgこの建物は昭和30年頃東京世田谷に建てられ、正史が晩年まで執筆に勤しんだという。老朽化で取り壊される所を、長男の亮一氏から山梨市が寄贈を受けたとのこと。何でも、若き日の正史が結核治療のために山梨市駅(旧日下部駅)で下車して笛吹川一帯を散策したそうだ。


yokomizoseishi.jpgというわけで、説明のおばちゃんに撮ってもらった1枚を公開しよう。横溝ワールドに相応しく、若干の特殊効果を施してみた。また、書庫の部屋に展示されていたポスターの中から、これまた歴代金田一耕助の中では、もっともユニークであるこの方の写真も同じく紹介しよう。やはり、金田一は石坂浩二か古谷一行だろう。

P61400630007.jpg
それにしても、市川コン監督は何故「犬神家」を2度も撮ったのだろうか。僕は断然、前作の方が素晴らしいと確信しているのだが・・。

posted by sotoyan at 00:00| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

サイドバー

このブログの右側にある、カレンダーとかブログペットのジュノーとかのようなものがある所をサイドバーという。今回、editaという別系統のブログ・コミュニテイから新しいものをいくつか設置したので紹介しよう。

1、「My Album」

これはnisshyさんのページにあったもので、過去にupした画像が適当に展示されるというもので、いいなあと思って導入した。チカチカと画像が入れ替わる様子が面白いし、素晴らしいexclamation×2

2、「1日1回モアイ飛ばし」

一見、なんだexclamation&questionと思わせるが、実はエービーロードの広告サイトのようだ。モアイにポインターを合わせてクリックすると突如ゲームのようになり、「ヒット」を要求してくる。30回くらい連打(左クリック)するとモアイが真っ赤になって飛んでいく。飛んでいった先がヨーロッパだったり、ハワイだったりして、そこへの観光ツアーの資料が紹介されるという仕組み。気分転換にはもってこいだ。

3、「只今の四文字熟語」

けっこう、これが知らない熟語があって勉強になる。まあ、一応国語科なのでこういうものも置いてあると安心である(どういう意味exclamation&question)。

また、その内に変わったサイドバーを設置したいと持っている。皆さんも、面白いものがあったら紹介してくださいexclamation×2わーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 09:00| Comment(5) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

向日葵

大型台風台風4号が接近している。週末に山を考えているので、気が気ではない。どうにかそれてくれないだろうか・・。

さて、久々のNEWテンプレート、なかなかいいじゃないかわーい(嬉しい顔)バルーンも捨てがたいのだが、ここは向日葵くんに決定パンチじめっている(そんな動詞あったexclamation&question)頭と体にスコーンと飛び込んできた。

さあ、もう1日。頑張っていきまっしょいexclamation×2右斜め上
posted by sotoyan at 23:56| Comment(7) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

コワイ話

既に23時半を回っている。夜の会議で遅くなり、今しがた風呂から出た所だが、どうも帰りの横浜線で耳にした話が気にかかっている。

「元議員の○○さんのつてで、K林大学へ営業に行ったんだよ。担当者と話したら、もう10年前から使ってますよってさ。どこでお使いですかと聞いたら、何と死体処理にだって・・。ホルマリンじゃだめらしいんだよ、いたんじゃってさ。でも、とても現場には行く気がしなかったよ」

う〜む、何の話か文系人間の自分には諮りかねるが、とにかく尋常じゃない会話だった。確か、大阪から日帰り出張の後輩営業マンに対して話されていた、先輩営業マンのそれだったと思う。

そう言えば、その少し前に読んでいた本(生徒に借りた)も、尋常ではなかった。頭からズタ袋をかぶった妖艶な美脚の女性「鋼(はがね)」と溶接工のすさまじい恋物語なのだ。これはもう、「コワイ女(角川ホラー文庫・行川渉)」を読んでもらうしかない。

柔道部のキャプテンがこれをねえ・・。眼鏡をかけた端正な顔立ちが目に浮かんだ。と同時に、これを借りるまでに約1ヶ月かかったことも思い出された。そう、それだけ過酷なんですよ、柔の道は・・。ふらふら

posted by sotoyan at 23:51| Comment(3) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

いじめられっ子、集まれ!

人生の10カウントは、まだ早い!

こんな素晴らしいキャッチコピーが貼られているのは、京急線の戸部駅から横浜駅へ向かう途中に車内から見える、元世界チャンプ大橋秀幸氏のボクシング・ジムである。また、学校ネタになってしまうが、彼はうちの卒業生なのだ。

ボクシング&レスリング&空手と、格闘技系の3強が揃い踏みをしていた一時代。野球部の活躍は言うまでもなく、うちの学校は正しくスポーツ学校の名を恣(ほしいまま)にしていた。大橋チャンプの前には、笠原優という世界チャンプも生み出している。

今は、残念なことに3つとも無くなってしまったのだが、それゆえに、この大橋ジムの存在がうれしい!

そうだよ、何事もあきらめてはいけないんだ!自分を見限ってしまうことほど、寂しいこともないからね。そんなことを、さり気なく呼びかけてくれる。

そうさ、中年のおじさんだって、これを毎朝毎夕見て、もう少し頑張ってみようかと思うのだから・・。

いいぞ、大橋ジム。沢山のいじめられっ子を男にしてくれexclamation×2パンチわーい(嬉しい顔)



posted by sotoyan at 19:54| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

これが、噂のkenji!

反響の大きかった?テスト問題中の「吹き出し賢治」の写真が、これ。まあ、カットのような感覚なんですけどね・・。

kenji.jpg
ちなみに、出来の方はまずまず。全体の雰囲気は、こちら左斜め下

kenji2.jpg

posted by sotoyan at 17:50| Comment(5) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ススキ

秋の陽射しに揺れる、ススキの穂。何とも、気ままでのびやかだ。こんな風でいたいな、どんな時でも。


susuki.jpgそう言えば、大学に入学した頃、新人歓迎コンパで歌わされたのが、「昭和枯れススキ」だった。♪「俺は河原の枯れ〜す〜すき〜。同じ、お前も枯れ〜す〜すき〜」文学部の国文学科などに入学する男子は、まだまだ無頼を気取ったり、文士を夢見る輩が多かった。決して、社会の役に立つような小賢しい人間になろうなんて、これっぽっちも思わなかった・・。

「皆さんは、河原の枯れススキですよ。世間の風に翻弄されても、折れることなく、自由闊達で渋くしぶとく生き抜きなさい。」そんな意味がコンパの芸に込められていたかどうか定かでないが、この歌は記憶に残っている。

もっとも、山のススキの方が少しばかり優雅なような気もするが、どうだろう・・。







posted by sotoyan at 23:25| Comment(6) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

かもしかさん、元気かい?

先ほど帰宅してブログを見ると、何と、

どぶ跳びのコロが、

ジュノーの所に遊びに来ていた。

コロはかもしかさんのペットだが、かもしかさんは暫く音沙汰がなかったように思う。いや、音沙汰がないと言うよりは、お休みなのかなとも思っていた。実は、少々さみしい思いもしたものだ。

それが、今夜、コロの姿を見て

うれしかった!

かもしかさん、また、ブログを書き続けてみて!

コロの来訪、うれしかったよ!わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 23:56| Comment(6) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。