2013年09月22日

湯立人温泉

DSC_0204.JPG「ゆたんと」と読む。中央線の猿橋駅から歩いて15分ほど、一見何でもない民家なので、ここがお風呂屋さんとはとても思えない。唯、玄関わきに「営業中」の看板が下がってるだけである。そして、出てきたのは70過ぎの優しそうなお婆ちゃんだった。

今日は女房と大月の岩殿山へ行き、帰りに真木温泉へ寄ったのだが、何と「日帰り温泉やってません」とのこと。せっかくタクシーで行ったというのに、それはないだろう。そう言えば以前にも一度断られている。昔は山人に優しい温泉だったのに、ちょいとリフォームして格式高くなってからはこの有様である。もう二度と行かないから覚悟しておけよ、ベラボーめexclamation×2

と半分本気で怒っているが、タクシーの運ちゃんが「山の人が良く寄る、猿橋の湯へ行ってみますか」というので、「是非!」とばかりに出向いたのが、この「ゆたんど」なのである。何でもお婆ちゃんが足腰立たずになった時に湯につかったら良くなったというので「湯立人」と命名されたらしい。「私のボケ防止なんですよ」と笑うお婆ちゃんは、仏様のように優しい。

935942_513398198753273_1458136438_n.jpg小さな家庭風呂を整備して、洗い場は広い。そして、しきりの壁は低い。何より、休憩所の大広間がいい。ホントに田舎のお婆ちゃんちのような感じだ。扇風機と自然の風が心地よく、昼寝をするにもってこいだ。また、お婆ちゃんが出してくれた麦茶とミニトマトの美味しいことと言ったらなかった。

「こういう場所がいいんだよ」、横で昼寝している女房を見ながら、休日の午後をゆったりと過ごした。
posted by sotoyan at 22:38| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵な刻を過ごされた様ですね。。。
温泉はいいですねぇ〜
最近、全然行っていないので行ってみたいです。
(#^.^#)
Posted by 凪々 at 2013年09月23日 18:55
凪凪さん、そんなにステキというわけでも・・(^O^)

でも、のんびりできました!

このお風呂を見たとき、
随分可愛いなと思い、
それはきっとお婆ちゃんの可愛さだなと直感しました。

いいとこですよ〜(^_-)-☆
Posted by ムトヤン at 2013年09月24日 20:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。