2012年12月28日

ネパール最後の夜

resize1837.jpg昨日はポカラからカトマンズへ戻り、バクタブールというネパール第3の都市を見学。その後は再びカトマンズで最大の目玉寺ボダナートをじっくり散策し、締めはネパールダンスを見ながらのデイナーでした。

シェルパ族の踊りやら、華やかな娘の踊りなど、胸が高鳴るダンスの数々におじさん軍団は大興奮わーい(嬉しい顔)何とか新年の旗開きに呼べないだろうかとボルテージは上がる一方でした。また、額に赤い点を打ってもらった所、メンバーのKさんが何とダライ・ラマにそっくりで一同大受けexclamation×2ご本人も満更でない様子に大いに盛り上がりました。

そんなこんなで、今日はいよいよタイ経由での帰途につきます。そして、29日の早朝に成田空港到着予定。長かったネパールの旅もいよいよ終わろうとしています。
resize1839.jpg
posted by sotoyan at 07:21| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

ヒマラヤ大展望!

resize1835.jpg今朝はサランコットの丘から、超弩級のヒマラヤ大展望exclamation×2アンナプルナ・マチャプチャレ・ダウラギリなどが朝焼けで染まり、我々を大歓迎してくれましたわーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 13:21| Comment(2) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポカラグランデにて

resize1833.jpg現地時間26日の午前1時半、目が醒めてしまい写真をupする。ポカラグランデは素晴らしいホテルだが、シャワーが温かくなるのは18時頃で、早めにホテルに戻った我々は水シャワーの洗礼を受けることになったふらふら

食事はバイキング、まずまず美味で、今夜はクリスマスの衣装を着たウエイターがサーブをしたり、クリスマス・イルミネーションが綺麗だ。

今日は早朝にサランコットの丘からヒマラヤの山々を間近に眺める。部屋からもマチャプチャレやアンナプルナが大きく見えるが、更に楽しみであるわーい(嬉しい顔)
resize1834.jpg
posted by sotoyan at 04:43| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

ポカラからメリークリスマス!

resize1826.jpg昨日はカトマンズとパタンの王宮やバザールを見学し、その後はハテイバンという郊外の山岳リゾートに宿泊。今朝は、カトマンズから国内便でポカラへやって来ました。30分ほどの遊覧飛行でマナスルヤアンナプルナなどの8000m峰が間近に見ることでき、一同感激(^_^)vその後、ポカラ・グランデという素晴らしいホテルへやって来ました。

現地時間は17時、外はまだ明るく、2階の部屋からはマチャプチャレがその天をつくような尖った鋭鋒を見ることができます。

いやあ〜、バザールで少しづつネパールに馴染んできましたが、この景観はいよいよヒマラヤの醍醐味を与えてくれます。

このポカラグランデには連泊し、その後にまたカトマンズへ戻ります。
resize1829.jpg



posted by sotoyan at 21:14| Comment(2) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

無事到着!

resize1822.jpg只今、現地時間24日の午前1時。昨日の13時過ぎ、タイ経由で無事にネパールのカトマンズに到着。一行10名は寝不足気味にも関わらず、気分高揚の内に初日の行程をこなした。トリブバン空港到着後に現地ガイドと共にマイクロバスに乗り込み、「猿の寺院」で有名なスワヤンブナートを観光した。

ところで、22年ぶりになるネパールだが、車とオートバイが目立ち、街角には人が溢れていた。そして、あらためて基本的には貧しい国であるという実感をより強くすることになった。初日のホテルはソルテイ・ホテルで王様の弟がやっているという話で、素晴らしいホテルである。投宿するとどこかほっとする一面もあったが、明日からの行程に備えてやすみたい。

それでは、またわーい(嬉しい顔)

ちなみに、このインターネットは無線LANで1日20ドルである。
posted by sotoyan at 04:18| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

ネパールへ!

激動のexclamation&question2学期も無事終了、昨夜は熊本のお義母さんも一緒に近所のジョナサンで外食だった。お義母さんもお元気そうで何より、年末年始は一緒なのでまことに心強い。

148975_378175145608913_392876026_n.jpgさて、実は今深夜から22年ぶりにネパールへ行ってくる。組合の先輩の定年祝いなのだが、どうせやるならヒマラヤを見ながら優雅にやろうということになったのである。とは言いながらも、トレッキングではなく、カトマンズやポカラをメインにした観光であり、間違っても万里の長城のような某ツアーではないので、どうぞご心配なくわーい(嬉しい顔)

ところで、初めてネパールへ行ったのは、1990年の年末だった。名古屋空港から直行便で飛び、3泊4日のとトレッキングがメインだった。ロールワリン山群のガウリサンカールやランタン・リルンという7000m峰を目の当たりにした興奮は、今でも鮮明に覚えている。また、「銀嶺の人」のモデルとなった女性登山家の今井通子さんが同行したことも楽しかった。豪快で楽しい方で、遠慮気味に撮らせて頂いたツーショットは良い記念となっている。そして、この時の経験が後のパキスタン遠征につながり、思いがけなく7000m峰に登頂することになるのだから、人生というのは面白い。

果たして22年ぶりのカトマンズは変わっているのだろうか、大いに興味がある。しかし、白き峰々の佇まいは変わらないに違いない。暫し、大自然の中に身を置き、充電してきたい。


posted by sotoyan at 09:18| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

もう一息!

早いもので、今年も残り2週間となった。期末試験は既に終わり、現在は通知表の作成に取り掛かろうという頃。午前中は特別時間割の3時間授業、午後には親子面談を組んでいて、1日3〜5組の面談を行っている。授業の方は「お楽しみ」シリーズでDVDの「あしたのジョー」を見せている。僕らが子供の頃は勿論ちばてつやさんの漫画であったが、現在は実写版が出ている。矢吹丈に山ピー、丹下段平に香川照之、白木葉子に香里奈、力石に伊勢谷友介という魅力的な布陣で、実際、ワクワクしながら生徒と共に見ている。

61395_376652099094551_1379739875_n.jpgところで、面談の方もなかなか面白い。いつもの教室のど真ん中に二つずつ机を向い合せて、僕は一組の親子と向かい合う。そして、30分1本勝負である。期末試験の結果や2学期の成績、今後の進路、家庭や学校での様子などについてざっくばらんなやり取りが続く。2学期から急遽担任になった僕にとっては、こうした時間は何よりのプレゼントである。というのも、激励も注意も親子一緒に行えるからだ。「この調子で頑張れよ」と励まし、「ここはもう少し気持ちを切り替えてしっかりやらねば」など諌める。それを3人でその場で共有する。そして、確認する。こんなに有意義な時間はそうはないだろう。そして、時折、他愛のない冗句なども・・。

先週の木曜日から始まって、今日でちょうど20組が終わった。あと、7組残っている。元々、強制ではなく希望制だが、「呼び出し」も数組。正直、疲れる部分もあるけれど、この有難い時間を大事にしたい。

ps、22日の真夜中から22年ぶりにネパールへ行くことになった。組合関係の先輩の定年祝いをやろうというのである。勿論、登山ではなく、カトマンズやポカラを中心にした観光ツアーである。どんな光景や出来事が待ち受けているかは神のみぞ知るだが、楽しみなことは言うまでもない。土産話を、ご期待あれわーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 21:09| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。