2012年03月31日

ベスト8進出!(あと3つ)

558796_255127437913685_100002492925478_541231_332874088_n.jpg今朝は風雲急で野球甲子園の試合が案じられたが、結局、明日に順延となった。

さて、お蔭様で福島聖光学院に勝ち、6年ぶりベスト8に進出した。指揮を執る渡辺監督も甲子園通産50勝を達成し、久々に頂点を狙おうという体勢が出来つつある。ずば抜けた選手はいないが、昨年の夏の経験が各選手の中で生きているなと感じられる。問題はこれから連戦になるので、ピッチャーをどのように使っていくかである。過去2戦はエース柳で通したが、相馬や1年の佐藤の出番も臨機応変に用意したいものだ。最後は、いつも感じることだが総力戦で、勝利への執念を持ち続けたチームが栄冠を手にする。

まあ、そうは言っても主人公は選手たちexclamation×2心置きなく、思う存分やって欲しい!応援団は彼らを支えて声援を送るだけなのである。

550294_255023614590734_100002492925478_540832_421214848_n.jpgまた、2回戦は入院中の母親と一緒に病室のTVで見ていたが、リハビリの先生が大のyokokoファンであったり、病棟の先生のご子息がyokochuだったりと仲間が広がったのが嬉しかった。勿論、看護婦さんも応援してくれた。そして、昨日、母は退院して3週間ぶりに帰宅した。まあ、介護ベッドをレンタルで用意したり、何かと在宅介護は大変だが、親父共々母を支えて行きたいと思った。
posted by sotoyan at 08:53| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

甲子園ラーメンと芋ようかん

525468_253796324713463_100002492925478_537944_1723757198_n.jpg下の記事に登場した甲子園ラーメン。甲子園を後に駅へ向かうと、最初に目に入る店の名物。ここへ来る10人中9人は、この甲子園ラーメンを注文する。細麺で醤油ベース(だと思う)が旨いexclamation×2トッピングも自在で、僕はネギ特盛と煮卵。あまりのネギの多さにびっくりしたが、春を感じさせてサイコーに旨かった。

529963_254512834641812_100002492925478_539714_332201968_n.jpgまた、今日は女房の通院に付き合って高尾へ行ったが、帰りがけに思わぬ小雨雨。調剤薬局から高尾駅までタクシーに乗り、駅で降りて一休み。高尾駅中の茶店で有機栽培ブレンドコーヒーに芋ようかんのセット。僕も女房も一人なら恐らく入らない。二人だから「ちょっと休んでいこうか」と久方ぶりのデートになった次第。不思議なものだ。芋ようかんは大ぶりの切り身で、本当の芋の味がする。ほくほくしてるから、旨いexclamation×2女房も「そんなにいらない」と言いながら、けっこう食べた。僕はにんまりとして、窓の外を見ていた。時計はまだ5時前だった。
posted by sotoyan at 23:27| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先ず、1勝!

389585_253178044775291_100002492925478_536286_1953871870_n.jpg一昨日、甲子園の初戦へ行ってきた。相手は高知高校、苦戦が予想されたが、意外にも順調すぎるほどの試合で4−0で先ず1勝をあげた。例によって、大阪の友人の息子を連れての観戦だったが、2時間足らずで終わってしまったのはちょっと勿体無いという感じもあった。

それにしても、やはりアルプススタンドからの眺めは良い。これがわずか500円なのだから、リーズナブルである。しかも、外野席にいたっては無料なのだ。春休みの家族連れや子供たちには絶好の見ものであることに間違いないだろう。

今年のチームは夏のメンバーが大半残っており、落ち着いているという印象だ。しかも、その中に1年生も3人入っており、彼らを直接教えている自分としては、やはり応援に来ずにはいられないのだった。初戦を勝ったら2回戦に見に行こうとして敗れてしまったのが昨年のセンバツだったし、夏は夏で2回戦で智弁に9回裏2アウトからまさかまさかの大逆転負けで、どうも後味が悪かった。今回はそういう意味では、智弁にはリベンジを果たしたいという気持ちが強い。

528595_253189014774194_100002492925478_536317_1625177150_n.jpg次は福島の聖光学院、原発で苦しんでいる福島の学校にエールを贈りながら、ここは全力で闘い勝利していきたいと思っている。また、どんなドラマがあるのか楽しみである。

posted by sotoyan at 09:35| Comment(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

友人Yを送る!

昨夜は山下公園近くのレストランで、同僚の送別会があった。最近、定年を祝う会がすっかり定着してきたが、彼はまだ51歳。思いあっての退職で、新たな道を行くのである。寂しさと悔しさとそれでも新たな門出を祝福しなければならない思いで、胸中は苦しいものがあった。手放しで「おめでとう!」とは言いづらい面もあったが、彼を慕う面子の愉快で温かい思いが満ち溢れて、終わってみれば実に素晴らしい会となった。

resize0022.jpg彼は同じ川崎出身で教科も同じことから、どこか自分のもう一人の弟のように思っていた。直情型で頑固で出来の悪い兄に比べて、彼は冷静で知的で思いやりがあり決して偉ぶらない男であった。最期の挨拶でも、若くして職場を去った仲間を思いやったり、講師でがんばっていたり、再婚した仲間への祝福や激励も忘れない、謙虚で優しい彼であった。特に「苦しいときでも、どうぞ互いに声を掛け合って、素晴らしい学校にしていってください」という言葉が胸に残った。「一生懸命仕事をすればするほど、辛くなるのはどこか可笑しいですから」、それはそのまま彼の正直な思いなのかもしれない。

resize0024.jpg実は僕も彼への餞の挨拶をしたのだが、いろいろな思いが混ざり合い、しかも酔いも手伝って一足先に船を下りてしまう彼を少々責めることになってしまったかもしれなかった。しかし、それももう終わった。今は、彼の未来に幸あれと願うばかりである。そして、彼の分まで残った僕らは歩き続けていこうと思った。
posted by sotoyan at 20:45| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

花金?

423107_247250325368063_100002492925478_521397_332882598_n.jpgこの所、職場の帰りに病院へ寄っている。というのも、母親が足の具合が悪く入院しいてるからだ。何でも2月の中旬に親父がインフルにかかり、その影響で母親も寝たきりに近くなってしまい、利き足だった右足に力が入らなくなってしまったのだ。結局、トイレにも行けなくなったのでオムツ体勢になり、何かと不便になってしまった。勿論介護ヘルパーさんも来てくれているのだが、どうにも手詰まりとなり、ケアマネさんのアドバイスで近所の市立病院へ救急車で入院したのだった。自分が2月上旬に寄ったときには何でもなかったのに、少々驚いてしまった。二人とも80才になるので、いよいよ目が離せなくなってきた。

現在は、リハビリをメインに床擦れの治療なども含めて行われている。点滴はしているが、食事は普通食で昨夜は「すき焼き」だった。これがなかなか美味そうで、傍で見ていながら腹の虫が鳴り始めた。「あんたも食べるexclamation&question」等と母親は暢気なことを言うが、「いいよ、どんどん食べなきゃexclamation×2」と腹を押さえつつ叱咤激励するのであった。

422407_247296608696768_100002492925478_521726_883463116_n.jpg帰りは、病院近くで遅めの夕食。いつも行く店が休みだったので、少々奮発して寿司であった。もっとも、中へ入ると上がりにはファミリー、カウンターにはおじさんたちが楽しげに飲んでいる賑やかな店で、こちらもついつい調子に乗って注文が進んだ。思い返せば、大学3年時に母親が脳血栓で倒れ、やはり、この市立病院の脳外科へ入院したことがあった。僕は母親の介護と店(八百屋)と大学を掛け持ちして獅子奮迅の(自分で言うのも可笑しいが)働きをしていたのだった。おまけに脳外科病棟の看護婦さん全員と仲良くなり、一躍病棟のアイドルになったのであった。

そんなことを思い出しながら、「やっぱりこことは縁が切れないな」と渋くクラシックラガーの瓶ビールを飲むのだった。店内のTVでは「ちびまるこちゃん」がかかっており、小さな女の子が一生懸命見ていた。いい子だなと思いつつ、いつの間にかウイスキー水割りや殻ガキを追加注文していた。
posted by sotoyan at 09:39| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

これ、な〜んだ?

421340_243484882411274_100002492925478_512908_899160472_n.jpg今日、駅前の東急スクウェアの無印で求めたある装置。インテリアとしても優れ、実質的な用途もある。ヒントは暖房を用いると空気が・・。しかし、唯それだけでなく、「ゆず」の香りも楽しめるという優れモノexclamation×2勿論、「ゆず」でなくとも「レモン」でも「ミント」でも、選り取り見取りである。

ライトの明るさは二段で、暗めにするとグッとムードが高まってくるから面白い。尤も、一人で見ている分にはいくらムードが出てもあまり態勢に影響はないのだが・・。ついに、こういうものを購入するようになってしまったかと、どこかで「男は黙ってサッポロビール」的な人生を送ってきた自負に陰りも生まれるが、まあ良い。こういうこともある。意外にデリケートなのかもしれない。

さあ、明日はあの大震災から丸1年。自分に出来ることは何だろう。少しく考えてみたい。
posted by sotoyan at 22:33| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

またまた!

419974_241575639268865_100002492925478_507599_1215733690_n.jpg地元の商店会の方々が、今回も横断幕を掲げてくれている。この場をお借りして、お礼を述べさせて頂きたい。ありがとうございますexclamation×2

2年連続の春のセンバツ高校野球野球大会出場となったが、主力のメンバーはほぼ代わらず、経験を積んで更に逞しくなって甲子園へ乗り込む。いつも書くようだが、思い切って自分たちのプレーをして欲しいものだ。結果は後から付いてくる。

フレ〜exclamation×2フレ〜exclamation×2yokokoyokoko〜〜exclamation×2わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 23:34| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

雛そば!

卒業式も終わり、昨日は久々に蕎麦屋で「雛そば」だった。勿論、桃の節句を記念した限定品だが、「おじさんが食べてもいいのかな」と訊くと、「どうぞexclamation×2お祝いですから」というわけで頼んでしまった。

419785_239030899523339_100002492925478_501731_32436180_n.jpg出てきたのは御覧の蕎麦で、菱形の紅白の餅によもぎ餅も加わり、3つの餅がのっていた。また、中には春の菜花も隠れていて、文字通り春を呼ぶ「お雛様」のような蕎麦であった。ここで、御無沙汰のお詫びもかねて、「だし巻き卵」も追加注文exclamation×2ビールビールが欲しい所だが、さすがにまだ勤務中なのでお預けとした。

うちの職場は男子校で家に帰れば息子しかいないが、何だかこの雛そばは妙に美味しかった。桃の節句は関係ないと思っていたが、こうした所で関係があったのがうれしかったのだ。

春は出会いと別れの季節、明日はそんな別れの発表があるかもしれない。長年共に働いてきたのに、どうして先にと悔やむことが多すぎるが、そんな彼の決断も温かく受け止めよう。多くの同僚に支えられ、そして時には少しだけ支えもして僕らの仕事は成り立ってきた。その気持ちは変わらないけれど、何だか最近は疲れたりため息をつく機会が増えたような気がする。

さあ、そんな弱音は風呂場で洗い流し、とっとと寝ることにしよう。
では、おやすみなさい眠い(睡眠)
posted by sotoyan at 23:40| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。