2011年07月31日

優勝しました〜(^_^)v

500x500-49152k.jpg報告が遅れましたが、お陰様で見事に優勝することができましたexclamation×2ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

決してずば抜けた強さではありませんでしたが、一丸となって一戦一戦を大事に闘いぬいた結果だと思いますexclamation×2

甲子園でも頑張って来ますので、是非、応援して下さいパンチ
posted by sotoyan at 19:55| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

あと1つ!

今日の準決勝、食い下がる創学館を5−4で振り切り、明日の決勝へとコマを進めた。これで、甲子園まで、あと1勝となった。ここまで来ると、気持ちは絶対優勝だと荒ぶるのだが、そんな気持ちをクールダウンさせるかの如く、外は小雨雨が降り始めている。

resize0453.jpgそれにしても、今日の全校応援は力があったexclamation×2やはり、生徒が1500名近く入ると、そのパワーは尋常ではない。応援団もブラバンも野球部の控え組もいきなりヒートアップしている。そして、我々もまた、そんな雰囲気の中で応援に力が入るのである。今日は、同僚のMから渡された雪国もやしさんお手製の「勝利のブレスレット」を右手にまき、弟子のZ君や前回に続いてのボデイコン嬢と共にエネルギッシュな応援を続けた。

そして、そんな最中、うちの攻撃の際に放たれたライナー性のファウルボールが、いきなりスタンドに弾丸のように飛んできた。咄嗟に右手を伸ばして捕ろうとしたが、中指と薬指を直撃して、ボールは後方の子ども達の席に落ちた。暫く、僕の右手は痺れっぱなしだった。こんなことは、初めてだった。そう、初めてのことが今回の応援では続く。

さて、明日は、やはり同じスコアで桐蔭を下した桐光学園と闘うことになった。桐蔭にも友人がおり、「最後まで頑張れexclamation×2」とメールを送ったが、「残念exclamation×2明日はリベンジ頼むexclamation×2」と返信が来た。

よ〜し、まかせとけパンチ息子が床屋さんから頂いてきたスイカを食べながら、静かに闘志を燃やすのだった。
posted by sotoyan at 23:05| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

あと2つ!

110725_1315~0002.jpg昨日はベスト4をかけて立花学園と対決、4−3で辛くも逃げ切った。3点を先制したものの追いつかれ、楽な試合など決してないということを痛感させられた。選手たちにもいい経験になったのではないか。これで、いよいよ28日は準決勝で全校応援となる。弱い弱いと言われながらもここまで来る、その底力にやはり感心する。日々の厳しい練習の賜だろう。

ところで、スタンドでは偶然、うちの応援指導部のH君のファンだという若い女性と知り合い、何だかんだ意気投合してしまい、4−3の勝ち越しの際には肩を組んで「白雲なびく♪」を歌ってしまった。こんなことは全く初めての経験で、ちょっと大人げないなとも思ったのだが、サングラスと高揚した気持ちのなせる技であろうか。雪国もやしさん、どうか多めに見てやって下さいわーい(嬉しい顔)

今日の試合で桐蔭と桐光が勝ち残り、やはり28日に互いに決勝進出をかけて対戦する。ということは、決勝は桐蔭との可能性が高まってきた。甲子園の切符は、決して手が届かない距離ではない。周到に作戦を立てて、思い切りよく闘って、是非、栄冠を手にして欲しいものであるパンチ
posted by sotoyan at 21:04| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

ナイス・ゲーム!

110723_1310~0001.jpg今日は、相模原球場へ野球野球の応援に行って来た。神奈川大会5回戦、相手は昨年度の決勝の相手である東海大相模である。ここで負ければ、来週以降静かな夏となるわけで、またまた甲子園が他人事のようになりかねない。負けるわけには行かないのだ。

実を言えば、昨年度の決勝戦を僕は見ていない。と言うのも、決勝進出を見届けてモンブランへ旅立ってしまったからだ。雨で1日順延となったためにこうした事態を招いたのだが、シャモニーのホテルでインターネットで結果を知ったときは、さすがにガックリと来たものだ。尤も、それが何が何でも山頂で校旗を掲げるぞという気合いに繋がることになったのだが・・。

さて、球場は人で溢れかえり、僕が到着したときには既にチケット・ブースはシャッターが下ろされ、入場不可となっていた。しかし、ここまで来て引き下がるわけにもいかない。やおら、職員証を取り出し「yokokoの職員ですexclamation×2」と名乗って何とか一塁側スタンドへ入れたのである。まるで水戸黄門の印籠で或る。スタンドも空席が殆どなかったが、教え子の顔がすぐに目に入ってきて、「やあやあ」と応援の徒となったのであった。

110723_1310~0002.jpg結果はホームランで先制されたが、粘り強いピッチングと守備、手堅い攻撃で3−1の快勝exclamation×2!6回戦へとコマを進めた。点が入る度に肩を組んで応援歌を唱うのだが、今日は強敵相手だったせいか、ぐっと来るものがあった。勝因の一番はピッチャーの好投だろう。優勝まであと3つexclamation×2何とか集中力を持続して、神奈川代表の座を奪還して欲しいものであるパンチ

試合後は、この3月に卒業したメンバーにも多数会うことが出来てうれしかった。キャプテンだったO君とは記念写真を撮ったりしたが、こういうこともごく自然に行えたナイス・ゲームであった。
posted by sotoyan at 23:28| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

夏のお弁当

image/2011-07-22T09:42:00-1.jpgさあ、崎陽軒の夏のお弁当食べて、夏期講習頑張るにゃん(^O^)
posted by sotoyan at 09:41| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

うふぎ

282124_121301257962971_100002492925478_153395_6708755_n.jpg数日前から、今日は絶対食べると決めていた。そう、「うふぎ」である。小さい頃、「うなぎ」屋さんの看板を見ては、「うふぎ」と読んでいた。

ちょうど、今日から夏期講習も始まり、昼飯にはもってこいであった。実家のある川崎の駅地下で食し、両親に「うな重弁当」を土産に買っていった。店内でのメニューは一つだけexclamation×2「特製うな重」1500円也である。土産のうな重弁当も同じ値段であった。

実家では、両親が喜んで食べてくれたので嬉しかった。やはり、自分が買っていかなければ、うなぎを食べることはなかったようだ。いつも、寿司をご馳走になったりするので、今日は少しばかりお返しができて良かった。

帰る頃になると、外は大分明るくなっていた。風は今朝と同様涼しく、爽やかな夕刻だった。
posted by sotoyan at 19:29| Comment(2) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

夢ナビライブ

酷暑の中、昨日は東京ビッグサイトで夢ナビライブであった。ライブと言っても音楽のコンサートではなく、大学進学系フェスなのだ。何故にライブかというと、模擬授業が受けられるし、大学の説明会も同時に行われているので、文字通りオープンキャンパスの見本市のようなビッグ・イベントなのである。

110716_1657~0002.jpgそこへ、高1〜高3の生徒をドカンとぶちこむわけだから、我々も大変だった。早番と遅番に分かれて、会場の周辺を適当に巡回しつつ、興味をひく講義があれば一緒に聴講したり、自分の母校の大学の説明会をのぞきに行ったり、幾度かは会場を出て一休みをしたりと、とにかく「酷暑の夏はおろおろ歩き」の状態だった。

自分が興味を惹かれた講義は、次の3つ。
1、「新しい時代の建築と都市作り」工学院大学建築学部まちづくり学科倉田直道教授
2、「魔法のコーチング〜ほかと差がつくコーチングの秘密を探ろう」日本体育大学体育学部武道学科伊藤雅充准教授
3、「ネットワークの科学〜みんなつながっている」東京大学大学院理工学系研究科数理情報学専攻増田直紀准教授

特に、「ネットワーク」を数学的に考え、「あなたの友達は、あなたより有名」「6次で世界はつながる」「ベキの法則」などは身震いするほど新鮮な指摘だった。簡単に言うと、ネットワーク(網の目)は一律でなく、ハブと呼ばれる超過密なネットワーク(1万人や10万人とつながる)を持つ人間が数人存在する一方で、9割方は2〜3人から10人程度のネットワークしか持たない人間で成り立っているということ。それは、いろいろな事象に応用でき、正規分布ではなくて「べき分布」という、反比例の曲線のようなラインで描かれる。つまり、極端に不均衡で不平等なのが世の中の事象の本質であるというわけだ。

110716_1715~0003.jpg「やっぱり、世の中はかくも不平等だったか」と感動しながら17時でお開きとなり、東京ビッグサイトを後にして、打ち上げへと向かったのであった。

会場内では他校の知った面々にも会えたし、それなりに刺激も受けたので参加して良かったと思ったが、こうしたイベント、自分らが高校生の頃は全くなかったよなと思いつつ、これが面倒見の良いことなのか、或いは過保護なのかと一抹の疑念もよぎるのだった。更に言えば、大学進学ビジネスや就職ビジネスにどこか踊らされている気がしないでもない。そう、「もうじき、アナログ終了です!」という地デジ化のように・・。

posted by sotoyan at 22:21| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

伊豆の踊子

癒やしの旅、第2弾exclamation×2

500x500-49152b.jpgこの週末は、久々に伊豆へ行って来た。河津で踊り子号を下車、天城トンネルから河津七滝を歩いて湯ヶ野温泉の福田家旅館へ投宿。川端康成の名作、「伊豆の踊り子」の舞台となった宿である。吉永小百合や山口百恵がロケした部屋で、暫し旅情に浸った。

お供は就職が内定したZ君と今は亡きM先生の遺影である。若くして天涯孤独になった川端が伊豆の旅で癒やされたように、昨日は自分も汗だくで踊り子歩道を歩いたのだった。 

教会で見送ったM先生の写真を部屋の一隅に飾り、風呂上がりにビールを飲みながら見つめた。「いい人はいいね」、踊り子が学生の主人公に送った言葉は、学生を素直に安心させ勇気づけたものだが、自分も同じ言葉を先生に捧げたい思いだった。

弟子のZ君に少しばかり愚痴をこぼしつつ、静かな湯ヶ野の時間は過ぎていくのだった。
posted by sotoyan at 17:00| Comment(2) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

訃報

top_SUB_IMAGE.jpg昨日、大学時代の恩師が永眠された。あと一年で退官を迎え、皆でお祝いをするはずだったのに。

4月の花見でお会いしたのが、最期になってしまった。思えば、顔色がすぐれなかった。

神父である先生の息子のつもりで、あれこれ動いてきたが、突然のお別れに言葉がない。残念、無念である。
posted by sotoyan at 10:06| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

へぎそば

image/2011-07-02T06:22:14-1.jpgそれにしても、昨夜のへぎそばは美味かった。疲れた交渉の後だけに、ビールと共に腹に染み入った。

昨日から期末試験が始まり、自分のテストは全て昨日の1時間目に終わった。後は採点が残っているが、ボチボチとガンバろう(^O^)


そういえば、昨日はヨーカ堂でポロシャツを求めた。どこか雪国もやしさん似の店員さんに勧められて買ってしまった。まあ、気分転換には良いことだった。
posted by sotoyan at 06:20| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。