2011年02月26日

春一番!


resize1015.jpg昨日は南風が強く吹き、温かい1日だった。ニュースで「春一番」と知ったが、なるほどと体感していた。というのも、浅川のサイクルコースをドスドスとジョギングしていたからである。先日求めた新しいナイキのシューズとスパッツ、片手にはデジカメ持って、所々で撮影と休憩を共にとるというパターンだ。

実は、中高時代にお世話になった恩師が亡くなったとの連絡が木曜の夜にあり、葬儀に出るために週末の「直島(瀬戸内海)」行きをキャンセルしたのだった。直島はまたの機会があるが、恩師の会葬はこれきりで、自分なりにしっかりとお別れがしたかった。

それにしても、気持ちの良い浅川だった。小学生の子供たちがマラソン大会をやっていたり、土手には梅が咲き始めており、心なしか川の水も温んでいるように見えた。のんびりと走りながら多摩御陵まで行くと、ここでは参道の並木の枝打ちや御陵の参道工事などが行われていた。

季節は移ろい、物も変わり、人も代わってゆく。春は別れと出会いの季節だが、今の時期は、まだ別れが目立つ頃なのだ。


resize1016z.jpg通夜は大学横の教会で行われた。恩師は神父なので子供がいない。僕らが、子供の代わりだった。中1から高3まで学年付きで6年間お世話になった。いろいろな場面が頭に浮かんできたが、遺影を見てグッと来た。賛美歌を心を込めて歌い、焼香をした。最後に棺の中のお顔を見て泣けた。こんなに小さな顔になっていたのかと。

忘れがたい、春一番の日となった。
posted by sotoyan at 10:34| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

いいセンいってる?


110222_2320~0001.jpgこの所、卒業生向けのDVD作りに精を出している。最初は3年間撮りためた写真を見ていて、何か出来ないかと思ったのがきっかけだった。おまけに、3年次の文化祭での合唱のビデオもあった。これは、何とか記念にまとめたいと次第にのめり込んでいった。

結局、写真はフォトムービーにし、合唱の動画と合わせて1枚のDVDに収めることに悪戦苦闘の末成功した。すると、今度はDVDのラベルが気になりだした。まあ、マジックの手書きも味わいがあるのだが、枚数が嵩むとプリントした方がいいかなと思い始めた。唯、うちのhpのプリンターではデイスクに直プリ出来ないので、ここはラベル印刷して貼り付けることにした。

「ラベル屋さん」のソフトで御覧の2種類を作成。ラベルの台紙のサイズが巧く合わなかったが、何とかA5サイズで片方づつ印刷していく方法で乗り切った。あとは、ひたすらDVDを焼いてラベルを貼り付けるだけである。

そんなこんなで、卒業式まで約1週間。この地道な作業は、暫し続く。喜んでくれるといいけどねわーい(嬉しい顔)・・。


posted by sotoyan at 00:22| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

春のお弁当


110218_0759~0001.jpg雨雨ニモマケズ、
台風風ニモマケズ、
崎陽軒ノ春ノオベントウヲタベ、
仕事ニハゲムベシ。

*助動詞「べし」は「当然」や「意志」の意味ではなく、「推量」として受けって頂きたいわーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 08:43| Comment(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

モーニング!


110215_0754~0001.jpg昨夜の雪雪は、久々に本降りだった。うちの方も15cmくらいは積もっていたが、職場へ来てみるとグラウンドが白い雪原になっていた。

正門からの道を進みグラウンドを回り込んでいくと、何やら可愛らしい彫像がexclamation×2いやあ〜〜、やっぱり、あったか〜、雪だるま君exclamation×2既に同僚のNがデジカメで写真を撮っていた。

「野球部の子が、作ったみたいですよ」
「ほお〜〜exclamation×2わーい(嬉しい顔)

いくら生徒の数が減ってきても、雪だるまが作られている間はまだまだ大丈夫exclamation&question。近づくと、そのアンパンマン似の表情が心なしか凛々しかった。
posted by sotoyan at 08:44| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

只今、寄り道中!


500x500-49152 (1).jpg今夜は、いろんな事情で寄り道だすわーい(嬉しい顔)

外は、雪国〜〜るんるんだす。
posted by sotoyan at 20:03| Comment(2) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

雪の高尾山

久々に高尾山へ行ってきた。趣味人アルバム


110213_1513~0001.jpg先日の雪は下では積もらなかったが、山には雪があるのではと思ったからだ。その予想は的中し、6号路も稲荷山コースも山頂も、下山した参道にも多くの雪が残っていた。しかも、この雪のおかげでexclamation&question人が少ないのも実にうれしいことだった。

唯、低山の雪はけっこう厄介で、陽のあたらない沢沿いの6号路や山頂から奥の院までの雪面が大分凍結して滑りやすくなっていた。正直言うと、4本爪くらいの軽アイゼンが欲しいところだった。それでも、「オットット・・」という感じで、雪の高尾山を楽しく満喫した。

山頂では富士山が美しく迎えてくれたし、いつもの大見晴亭のたぬきそばも美味かった。その小屋では、相席になったおじいさんが「新潟の小千谷から来ましたよ。新潟の雪はすごいが、ここは晴れていて富士山も見えて最高です」と言っていたのが印象的だった。後からお仲間も来て、つまみをもらったりした。

下っては、ちょうど送迎バスが来ていたので、これまた久々にいい気分(温泉)ふろっぴいへ寄って風呂三昧であった。タオルを持っていると言ったら、何と800円だったのはうれしかった。いつもより長めに風呂に出入りして、入試で疲れた?心身を癒した。帰りのバスはも自宅のすぐ近くまで送ってもらい、何だか得した1日だったわーい(嬉しい顔)

ps、写真は、「ふろっぴい」にあったお雛様。
posted by sotoyan at 20:25| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

今日のスペシャルランチ


110210_1134~0001.jpg一般入試の今日は、学食で恒例のレストランスペシャルランチexclamation×2

ジャンボエビフライにビーフシチュー、チョコシューとジュースつきである。これは職員のみならず、手伝いの在校生補助員も同じメニューである。

さあ、これを食べて、採点をガンバンベーわーい(嬉しい顔)exclamation×2
posted by sotoyan at 12:23| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

サクラサク!


110209_1237~0001.jpgいよいよ明日から高校入試、授業は2時間で終わって試験会場や面接会場の準備に入った。

一段落して16号沿いのロイホに外ランチに出かけたが、天気も回復して気持ち良いので、暫し散歩を決め込む。循環器呼吸器病センターの坂を上がると、その一角からうちの職場が良く見える。おやっexclamation×2目目をこらすと何と薄いピンクの花が咲き始めている。

少し気が早いようにも思うが、明日は受験生の皆にとって文字通り「サクラサクexclamation×2」となって欲しいものだ。いや、うちだけでなく全国の受験生諸君にとってもわーい(嬉しい顔)exclamation×2


110209_1238~0001.jpgps、坂から俯瞰した職場の校舎。一番右の白くて綺麗なのが完成間近の中高一貫棟。
posted by sotoyan at 13:38| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

駅伝!


resize0098.jpg昨日は、地元のスーパー・アルプス主催の夢街道駅伝大会が開催された。中学生から一般まで広く参加でき、距離も20kmと手頃なので、早春の腕試し大会としては人気がある。特に高校と大学の部は関東一円の強豪校が揃い、けっこうレベルも高いのである。うちの陸上部も2チームが参加するので、10時スタートを前に、いつもの待機場所である地下通路広場へ激励に行き、少しだけ差し入れもしてきた。

その後はスタートを北口駅前で撮影し、あとは甲州街道沿いの見やすい場所で、適当に観戦するのである。ところが、昨日はもう一つビッグニュースがあった。というのも、大学時代の友人が職場の同僚チームのアンカーで走るというメールが直前に届いたのである。これには正直驚いたが、アンカーならばとベストポイントで待ちながら、撮影を待った。


resize0103.jpg結局、うちの2チームのアンカーをしっかり確認して声をかけ、友人は最後の伴走車から数名のポジションで力走してきた。270mmの望遠でその苦しげな表情を数枚撮った後は、「☆るま〜〜、がんばれ〜〜exclamation×2」と大きな声援を送った。本人も、2〜3mの所で気づいてくれて、片手を上げて「ありがとう」と応えてくれた。


resize0105.jpgその後も力走が続いたが、何だか妙に感動してしまった。いつもは飲み助なのに、やるときはやるものだという感じである。彼のチームとは駅前地下で出会えず、差し入れのお握りは自宅へ持ち帰りとなったが、久々に友人のガッツに胸が弾んでいた。また、かつて教えた体育コースのSが拓大OBチームexclamation&questionで走っており、偶然にも沿道の自分を発見して大きな声をかけてくれたのはうれしいことだった。こちらも、「がんばれよ〜、Sexclamation×2」と大きな声で返した。

よし、来年は自分も参加するかexclamation×2もっとも、その前にチームを作らねばならないのだが・・わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 10:50| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

ELVIS NIGHT


resize0085.jpg昨夜は池袋のライブハウスで、ELVIS NIGHTであった。1つ年上の従姉からの誘いであったが、久々にELVISを身近に感じたステージだった。出演者はJ−ELVISこと日本のELVISインパーソネイターNo、1の森ヤスマサとアメリカで活躍する若きELVISトリビューターのDeanJ、そして、その間をムーデイーなコリアンのジョーさんがつなぐという、合計3時間以上の大盛り上がりライブであった。

白いジャンプスーツに身を包み、1970年代のELVISになりきっていた森さんは、アクションも歌も実に素晴らしかった。特に「サスピシャス・マインド」や「ポーク・サラダ・アニー」などのハードなアクションをわざとらしくなく自然にやっていたのが嬉しかった。下手な物まねは、こういうところで妙にぎこちなくなってしまうのである。


resize0095.jpgまた、50年代の若きELVISを演じたDeanJは、やはり27歳という若さあふれるステージで観客を魅了した。ぱっと見に「本物exclamation&question」と思わせるルックスとさすがの発音で、「ハートブレイク・ホテル」「テデイ・ベア」「ラブミー・テンダー」など実に良かった。また、後半にはがらりと趣を変えて、何とマイケル・ジャクソンも演じていたのにはまいったexclamation×2「ビリー・ジーン」のダンスと歌は、サイコーだった。しかし、客席は既に総立ち状態で、そのテンションの高さについていくのは、なかなかキツイものがあった。

こうして、新旧のELVISを味わいながら、終了後は一目散に池袋駅に向かい帰途に着いた。同行した従姉も実はちょっとしたシンガーで、特養ホームや公民館、街角ライブで歌うこともある。そんな従姉と久々にライブハウスで盛り上がるというのも、何だかうれしいような可笑しいようなで、京王線の中でも話は尽きないのであった。
posted by sotoyan at 10:11| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

今日のランチ

110202_1217~0001.jpgポトフ・カレー大盛(^O^)

イメージとは、ちょっと違ったけど、美味しかった。ポトフは野菜の煮込みだから、ひょっとしたらスープカレー風かと勝手に想像していたのだ。肉団子やチキン、人参にインゲン、セロリ?にカレーがかかっていた。

お蔭で午後は眠かったなあ(-.-)zzZ夜は少し控えよう。ちなみに大盛は200円増し!
posted by sotoyan at 16:52| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。