2010年12月31日

年越し蕎麦

昨日、インドネシアから帰国した。成田へ到着した際にはあまり感じなかったが、昨夜はやはり寒かった。


101231_1227~0001.jpg今日の午前中は年賀状を書いたり、とある自作の写真集を発送したりした。そして、昼食は女房手作りの年越し蕎麦である。インドネシアではナシゴレン(焼き飯)やミンゴレン(焼き蕎麦)などが主だったので、日本蕎麦がとても美味い。しかも、家族でのゆったりした食事である。窓からも温かい日差しが入ってくる。

ところで、インドネシアで印象的だったのは「ありがとうexclamation×2」という言葉だった。それは片言の日本語であったが、例えば物売りの少女や自分が傘を差し出した足の悪い少女だったり、バスや飛行機の乗務員だったり、博物館のガイドだったり、土産物屋の店員やホテルの清掃員だったりしたが、その温かいまなざしと共に心に残った。

人間にとって、何が幸福なのだろうか。お金があるにこしたことはないが、心の豊かさや笑顔の多さはどうだろう。そんなことを、インドネシアでの旅は考えさせられた。そして、自分も来年はより多くの笑顔を周囲の人に向けたいと思った。

ということで、皆さん、どうぞ佳いお年をお迎え下さいexclamation×2わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 13:58| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

プランバナン遺跡とジャワの古都ソロ

バリからジャワのジョグジャカルタへ移動してから2日目、昨日のボロブドウール遺跡に続いてプラバナン遺跡へ行った。このプランバナン寺院群はヒンドゥー教の遺跡としてはインドネシア最大級で、仏教遺跡のボロブドゥール寺院遺跡群と共にジャワの建築の最高傑作の一つとされている。


resize1788.jpgボロブドウールが一つの巨大な山だとすれば、このプランバナンは幾つかの巨大な槍や劔の穂先が屹立する連峰のように思えた。ガイドのスギーさんによれば「ボロブドウールは男性的、プランバナンは優美で女性的」とのことだが、確かにそのように実感した。しかし、実際に近づいて見ると、益々その偉容は迫力を持って聳えてくるように思えた。どちらも素晴らしいが、個人的にはこちらのプラバナンが僕の好みであった。

その後は、2時間近くをかけて「ジャワの奈良」である古都ソロへ移動し、王宮などを巡った。ここでは、実に微笑ましいファミリーやガイド実習の女子高生と出会い、写真を撮らせてもらったりした。また、これも昨日からも感じていたが、道路ではバイクの多さに驚く。車の間を縫うように、ガンガン飛ばしてくる。信号待ちのあとでは、まるでレースのように一気にスタートする。何だか、計り知れないエネルギーを感じさせるのだった。


resize1790.jpg明日は、再びバリへ戻り観光。その後に深夜、成田へ向けて出発の予定。「濃い」時間と空気と人種の「るつぼ」に、別れを告げることになる。

posted by sotoyan at 02:44| Comment(0) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

バリ到着!

成田から約7時間、無事インドネシアのデンパサール空港へ到着。総勢11名のツアーが始まった。出迎えの添乗員は現地のミック・タイソンさんで、なかなか日本語が上手だ。


resize1786.jpgこちらはまだ雨季とのことで、マイクロバスに乗り込もうとしたら突然の横殴りの雨で驚いた。中華料理店で夕食をとって、ホテルへ向かった。ホテルはニッコー・バリ・リゾート&スパという五つ星ホテルだそうだ。実際、部屋はなかなか広くて快適である。

夕食のビールが大瓶で5万ルピア(日本円で500円)とまずまずであったが、この部屋で使うインターネット(LANケーブル式)は1日で18万ルピアというから結構高いexclamation×2しかし、そこは思い切って使っている。


resize1787.jpg明日は、ウブド村の観光と伝統のケチャックダンスを鑑賞する予定。そう言えば、夕食時の中華レストランでも外席ではステージでケチャックダンスが行われていた。何と、ダンスの後にはダンサーと記念写真を撮っている人もいて、少々うらやましかった。

さあ、明日から熱帯カメラマン、始動だすexclamation×2わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 23:40| Comment(4) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

明日から


101224_0756~0001.jpg今日は終業式。これで、明日からは冬休みとなる。ちょっくら、南の島で充電して来ようと思う。そう、仏教遺跡を巡りながら…。

皆さん、ステキなクリスマスをexclamation×2
年内には戻りますわーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 22:25| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

久々のしゃぶしゃぶ!

温かい冬晴れの1日、久々にのんびりと過ごした。今日した主なことは、例えばこのようなことである。


101223_1815~0001.jpg・床屋へ行き、ブログ仲間の春夫さん(明さんあらため)と今年を振り返った。帰りしな、お年賀の台所用石鹸とドラ焼きを頂いた。ご馳走様exclamation×2

・ウーパー君の水槽の「水作くんS」のフィルターを変えた。替えが無くなっていたので、床屋の帰りに追分の金魚屋でまとめ買い(5つ)してきた。気がついたのは、ここのメダカの安いことexclamation×210匹で300円だ。良く行っていた山野草店のは、12〜3匹で1000円である。

・夕方、近所のF森グラウンドでジョギング。これまた近所の☆王子高校の野球部がトレーニングをしていた。

・夕食は、実家からもらったお肉をいかして久々の「しゃぶしゃぶ」exclamation×2わーい(嬉しい顔)先日の陣馬山でも使ったカセットコンロが今夜も大活躍exclamation×2いやあ〜、美味かった〜exclamation×2


101223_1832~0001.jpg明日のクリスマスは、ケン☆ッキーかなexclamation&question
posted by sotoyan at 20:20| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

マン・パワー!


resize0050.jpg先週末は、陣馬山大忘年会&武蔵野クリスマスであった。前者はネットで知り合った「お笑い登山隊」の忘年山行、後者は大学の恩師を囲んでのクリスマス会である。共に大勢が集まり、賑やかに楽しく、ご馳走を囲んで大いに盛り上がった。特に、クリスマス会にはうちの某3年バンドも参加して、大いに受けまくっていた(その巧さというより、あどけなさで)。

あまりにすごい(生々しい)写真ばかりなので、ここにはごく一部しか披露できないが、人が集まるってすごいんだなあと、あらためて感じた次第。


resize0052.jpg二日続いた大忘年会、楽しすぎて疲れもしたが、今朝しみじみと思い出しながら、ほっこリとしている。人は一人では生きていけないと良く言われるが、こういう時には正しくその通りだと実感する。

皆さん、本当にありがとうexclamation×2わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 10:15| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

冬のおべんとう

今朝は、寒かった〜〜exclamation×2ふらふら


101217_0759~0001.jpg職場では期末テストも終わり、成績付けの真っ最中。こんな時は、やっぱり、これexclamation×2朝から気合いを入れて、崎陽軒の「冬のおべんとう」である。「シウマイ弁当(780円)」は最高なのだが、朝食にはやや荷が重い。ここは、季節のおべんとう(640円)に限る。

さあ、今日も1日、がんばんべ〜〜exclamation×2わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 08:39| Comment(5) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

富士霊園

温かい師走の日曜日、新宿からの直通バスで富士霊園へ墓参に行って来た。そう、昨年の11月に胃ガンで亡くなった大学時代の友人の墓参りである。そして、今日の我々をずっと見守ってきてくれたのは、やはり富士山であった。その気高い姿をくっきりと青空を背景に、実に雄雄しくその白い裾野を広げていた。


resize0842.jpg「悠」と一文字書かれた四角い墓石に花と線香をあげ、持参した饅頭やポッキーと同窓会の写真も供えた。手を合わせ、大学の校歌を同行の2名と共に歌い捧げた。思いの外に声が出て、高らかに歌えたのが嬉しかった。そうだ、富士山にも届けと歌ったのである。

ちょっとばかり、早過ぎないか。一人っ子なんだから、ご両親がさびしいぞ。

二晩続いた忘年会で濁った頭が、束の間晴れ上がってゆくようだった。

posted by sotoyan at 20:48| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ありがとうございます!


101208_1851~0001.jpg今日は、1日遅れの素晴らしいバースデー・プレゼントが届いた。ブログ仲間の雪国もやしさん親子からで、ご覧のクリスマスカードに「なっと(納豆)さん」折り紙、そして、手作りの携帯用ストラップである。

カードには、「これからもますますイケてる男子目指して、頑張ってexclamation×2」と書かれてあった。「イケテル」か「イカレテル」か分からないが、柔軟な頭で何事にも向かっていきたいと思う。

昨日から今日にかけて、山関係やブログ関係の仲間からさり気なくお祝いメールが入って、うれしかった。この場を借りて、メールを下さった皆さんに感謝申し上げたい。

どうも、ありがとうございますexclamation×2これからも頑張りますので、応援よろしくお願いしますexclamation×2(斉藤祐樹投手風に。良く似てると言われる)
posted by sotoyan at 00:33| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

カテドラル

昨夜は、目白にある東京カテドラルでチャリテイコンサートに参加してきた。僕の大学時代の友人が実行委員をしており、チケット販売に協力をしたものだが、これが実に素晴らしいコンサートだった。正直言って4000円は安いなと舌をまいた。あの、巨大なコンクリートの塊のような教会には、神と人間の愛が満ちあふれていた。そう、至高の音楽もexclamation×2


101206_2105~0001.jpg先ずはバッハの「主よ人の望みの喜びよ」がパイプオルガンで奏でられただけで、不覚にも目に汗が浮かんできた。続く「アヴェ・マリア」のソプラノで、この汗は早くも頬を滴り落ちた。如何に普段、俗世にどっぷりつかっている我が身ではあっても、こうしたことがごく自然に起こるのが教会であり、また、この日の素晴らしい音楽であった。

ホームレスの社会復帰支援に対するチャリテイーを目的に「癒への誘い」と銘打たれたコンサートは今回が2回目であるが、主催者代表が病で倒れた後も周囲の皆さんが団結して、この日のコンサートを実現したと友人から聞き、あらためて感心をした。

第1部は他に歌劇「トスカ」「カヴァレリア」などから名曲が歌われ、実に重厚なバッハの「トッカータとフーガ」のパイプオルガンで締めくくられた。これはもう、脳みそが揺さぶれるものすごいものだった。心配された咳もどこかへ吹き飛んでしまった。

続く第2部はやはりパイプオルガンの演奏に始まり、「ハレルヤコーラス」「君と旅立とう」「You raise me up」「彼方の光(リベラ)」「クリスマスソングメドレー」と進んだ。4人のオペラ歌手の歌声もさりながら、音楽監督でもあった北村晶子さんのピアノは最高であった。この中では、「彼方の光」が一際心に迫った。実は、この曲はNHKドラマ「氷壁」のエンデイングテーマで、この歌をバックにK2の白い頂を始めとするカラコルムの山並みが延々と静かに流されていくのであった。オリジナルはボーイソプラノなのだが、この日の混声合唱もまた素晴らしかった。

会場は約700名ほどの方で埋まり、それぞれが至高の音楽に酔いしれ、涙していた。こんな時間はめったに持てる訳ではない。もう一人の悪友と並んで聞きながら、かくいう自分も熱いタオルで顔を拭きたいほど目から汗をかいていた。

帰りしな、出口にいた実行委員の友人に言った。「素晴らしいねexclamation×2やるじゃないかexclamation×2」大いに見直しながら、その華奢な肩をポンとたたいてきた。1日早い、素晴らしい誕生日のプレゼントになったようだ。


posted by sotoyan at 09:39| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

陽だまりの1ゴール!

晴れ快晴の土曜日、今日で2学期の授業が全て終わった。特に3年生にとっては、実質的に最期の授業となった。3年間付き合って来た某クラス、最期の授業は国語ではなくてサッカーサッカーにした。ちょうど2時間目は他のクラスでは体育の授業はなく、しかも来週からの期末テストに備えて多くのクラスが自習になるので、グラウンドの競争率はきわめて低くなるのである。


resize0819.jpgそして、文字通り絶好のサッカー日和、グラウンドを独占して我々の最期の授業は行われた。さあ、集まってきたメンバーは皆それぞれ思い思いのコスチュームで、剣道部の胴着あり、バスケあり、野球のユニフォームあり、サッカーもユベントスやミラン、フロンターレ、更にはアメフトの格好まで出てきた。23名のクラスは2人欠席で、僕が入ってちょうど11名同士となった。黄色いゼッケンをつけて、試合開始exclamation×2

どこかのんびりしながらも、いきなりボールは激しく行き来し、こちらの足はもつれ気味だ。しかし、風邪だなんだと言ってる場合ではないexclamation×2ボールが来たら、もう体が反応している。いつしか、点の取り合いになり、終了間際には自分のラッキーゴールが入ったが、結果は3−4でゼッケンチームの惜敗。チャイムが鳴った後に、みんなで集合写真を撮った。

「3年間、ご苦労さんだった。これで授業は終わるけど、期末テストはしっかりやって、無事に卒業しろよ。いいな〜exclamation×2」「イェ〜イexclamation×2」昔TVで見ていたような青春ドラマの一場面を、時々こうして実際に経験するのが自分でも不思議である。でも、そうやって、時には辛い時期や嬉しい時期を過ごしてきたのだ。

心地良い汗を十分にかきながら、午後は試験問題作りに精を出した。気づくとつい、眠い(睡眠)うとうとしてしまっていたわーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 20:37| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

今日は、ダウン!

いよいよ、今日から師走。しかし、風邪の為に今日はダウンふらふらであった。先週の金曜から息子が熱を出しており、どうもインフルらしいとのこと。その影響もなくはなかったが、やはり、自らの体調管理の甘さだろう。熱は出ないのだが、咳がしつこく、噎せてしまうと息ができなくなる。夜もベッドに入り、体が温まってくると咳こむので若干寝不足気味でもあった。


atack4.jpg来週からの期末テストを控え、授業も追い込みなのだが、思い切って今日は1日静養した。まあ、山頂アタックを前に一息入れてるexclamation&questionへっぽこクライマーのようである。その甲斐あって少しは咳の方も治まってきたし、息子の熱も下がった。

さあ、明日はまた元気にアタック開始だexclamation×2わーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 23:02| Comment(5) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。