2010年11月27日

ファイト〜、壱発!

ラーメンexclamation×2と続く。

昨夜は某会議で遅くなり、その後の「飲み」も手伝って遅くなってしまったが、地元の駅に帰ってくるとどうにもお腹が空いてしまった。「今夜は、ラーメンだなあexclamation×2」という訳で、かねてから懸案の「壱発ラーメン」に寄って来た。


101126_2244~0001.jpg時間はもう夜の10時過ぎなのに、多くのお客さんで賑わっている。考えてみると、この時間あたりが、やっぱりラーメンが食べたくなる時間なのだろう。若手のサラリーマン風に加え、家族連れ、カップルとみんな楽しそうに待っている。

さて、かういう自分も食券を買ってカウンターで待つこと暫し、ついに、1000円の「ねぎチャーシュー(醤油)」がやって来た。何と、御覧の通り、チャーシューが9枚exclamation×2わーい(嬉しい顔)、どんぶりを囲む花びらのように盛り付けられている。思わず圧倒されながら、チャーシューをスープに沈めつつ食べ始める。チャーシューは実に柔らかく、スープの中で適度に細かくほぐれて行き、ねぎや麺と共に食べやすくなるのだ。

「いやあ〜、やっぱり、ラーメンだなあexclamation×2」と胸の中で呟きながら、ぐいぐいとチャーシューにねぎを絡めながらやっつけていく。スープは醤油ベースだが、見た感じはトンコツ風で濃厚な味である。麺はちょい少な目のような気もしたが、なにせ、このチャーシューの量である。十分にお腹がいっぱいになってしまった。

店の外へ出ると、ポツポツと雨粒が落ちてきていた。「さあ、帰ろう」と、男は再び改造シテイサイクルをこぎ出したのであった。
posted by sotoyan at 08:08| Comment(2) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

はやぶさ!

今日は朝寝&昼寝で、夕刻には久々にジョギングもして、体の手入れをした1日だった。お陰で心なしか精悍な顔つきになったようだ。


101123_1918~0001.jpgさて、夕食後に届いたのが、この黒曜石だ。そう、以前から時々お世話になっている十勝工藝社の陶守さんの作品である。「政治も経済も暗かった中で、はやぶさの活躍には元気付けられた1年でした。」という短いお便りも入っていたが、小惑星イトカワに接近する「はやぶさ」の勇姿と月面クレーターを彫り上げた作品なのである。

「月面、はやぶさ共に十勝上士幌産黒曜石で作りました。モンブランは未だ手付かずですが、あきらめてはいませんexclamation×2」と手紙は続いていた。そうそう、僕はこの夏登ったモンブランを黒曜石で彫ってくれとお願いしていたのである。早朝の2時半にグーテ小屋を出発し、4時半頃に到着したドーム・ド・グーテから初めて見た星明りの中で聳える黒いモンブランexclamation×2exclamation×2まさしく、それは黒曜石で仕上げるのにふさわしいと思われたからである。

今夜は、この黒曜石を眺めながらゆったりとした時間を過ごしている。そして、来年はまた、十勝工藝社から糠平温泉へ行ってみよう。あの、幻のタウシュベツに会いにexclamation×2わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 20:36| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

栄光の架け橋

今日は、学校説明会。授業も2時間あったが、案内係で久々にネクタイをしめてのお仕事だった。説明会に先立って、この日のために作られた学校紹介ビデオ(DVD)の試写を体育館で見たが、思わずジーンと来てしまったexclamation×2


101120_0910~0001.jpgDVDと言っても、映像ではなくて写真のスライドショーなのだが、BGMの「栄光の架け橋」にのって部活や授業や校外学習(修学旅行)、文化祭やHRなどの学校生活の場面がこれでもかと流れていく。しかも、とびきりの笑顔のオンパレードで、不覚にも目尻に汗が浮かんでくる。そうそう、僕の撮った鋸山山頂でのクラス写真も使われていた。実に素晴らしい出来で、思わず息子に受験させようかと思ってしまうほどだわーい(嬉しい顔)

ところで、何故、「栄光の架け橋」かってexclamation&questionそれは、ゆずの北川君がうちのOBだからである。野球の松坂君(レッドソックス)や涌井君(西武)、成瀬君(ロッテマリンズ)なども有名だが、このゆずの活躍はまた別の意味で素晴らしい。ちなみに、この中では涌井君は教えている。

さて、本番の説明会には500名近い方が来校された。この中で、多くの中学生が「よし、絶対入るぞexclamation×2」と思ってくれれば真に有難い限りだ。

るんるんさあ、迷わずに進めばいい〜exclamation×2栄光の架け橋へと〜〜るんるん

それにしても、ナイスな選曲だった。

posted by sotoyan at 16:31| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

今日の高尾は、瓶ビール!


resize0779.jpg久々に、地元の高尾山へ行った。「紅葉まつり」の時期で人手の多さは予想していたが、その予想を遥かに上回る感じだった。いつもの6号路(琵琶沢沿いの道)も渋滞気味で、ここは出来るだけ大人しく行こうと無理せずにのんびり歩いた。

高尾山頂からは黄砂の影響か、富士山もうっすらとスカイラインが見える程度であったが、とにかく人が溢れており、憩う間もなく城山へと向かう。普段なら、陣場への銃走路に入ると一気に人が少なくなるのだが、今日は一丁平らの辺りまで高尾山頂でお昼を食べられない人たちが、そこかしこでお昼を食べていた。


resize0780.jpg城山山頂では、小屋のおでん&ビールでランチとした。売店で見ると缶ビールも瓶ビールも値段が同じなので、今日は瓶ビールと洒落込んだ。勿論、中瓶だが、「銘柄はどれになさいますか」と小屋のおばちゃんに聞かれ「ラガーでexclamation×2」と答えた。

その後は、相模湖へ向かってぽくぽく下り、1時半頃には千木良バス停近くの天下茶屋(弁天島温泉いい気分(温泉))で湯船の人となった。夏と違ってアブもいず、窓は全開で実に開放的だった。昼の風呂は先月の高川山以来だったが、やはり最高であるわーい(嬉しい顔)

高尾の紅葉はやや枯れ気味であったが、久々のゴールデンルート(僕にとって)を満喫した。この道を辿りながら、何度我が身を振り返ったことだろう。帰宅すると、まだ3時だった。

posted by sotoyan at 20:13| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

秋の陽に

溢れる笑顔 球音に・・。


resize0321.jpg今日は授業参観や学級懇談会があったが、一方で某3年スポーツクラス選抜vsスポーツ愛好会の親善野球試合が地元の長浜公園球場にて開催された。そして、僕はスポーツクラスチームの監督であった。

生徒に請われて人生初のシートノックに臨んだが、ぶっつけ本番にしてはまずまずの出来だったと満足exclamation&questionわーい(嬉しい顔)している。しかし、軟球を触ったのは本当にいつ以来だったろう。キャッチャーから渡されるボールを握りながら、しみじみ感じていた。

それにしても、風は強いが素晴らしい天気で、久々の野球は楽しかった。いつもは硬式野球の厳しい世界にいたメンバーも、今日ばかりは皆心から野球を楽しんでいるようだった。

そうさ、これでいいのだexclamation×2ぴったり9名の「マウンテン・ナイン」チームは、秋の陽の中で野球勇躍していた。
posted by sotoyan at 00:27| Comment(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

今日は、お仕事!?

101107_1149~0001.jpg今日は神奈川私学の集いで、ハマの某神奈川学園で300人規模の集会(^O^)


写真は午前中のセミナー発表で、午後は大田堯(あきら)さんの講演会や生徒の活動発表(新体操とチアリーディング)と私学助成金拡充を訴える全体集会が行われた。そうなんです、公立は無償化されたけど私学は未だに高学費なのだ!教育費に公私の格差は無用だという訳。


僕は全体会の椅子並べやカメラマン?として動いていた。集会自体も良かったが、久々に大勢の私学仲間に会えて嬉しかったo(^▽^)o
posted by sotoyan at 17:07| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

今日のランチ


101103_1202~0001.jpg素晴らしい晴れ秋晴れが広がっている。昨夜、岡山から帰宅、今朝は洗濯&布団干しの後、床屋へ行ってさっぱりしてきた。床屋では、ブログ仲間でもある明さんと文化祭やら今回の山陰の旅などを話しながら、実に心地よい時間が過ぎていく。おまけに、孫のかなみちゃんがお嫁さんとやって来ていて、ジージーである明さんも御満悦であった。

さて、帰宅すると女房手製のミートスパであった。思えば、久々に我が家で昼食をとるのだった。具沢山のスパゲテイに可愛らしいギャラリーもやって来たexclamation×2
そう、岡山は蒜前(ひるぜん)高原のサンちゃんだ。サンちゃんは勿論「山椒魚」なのだが、ここには何と162cmまで成長したサンちゃんの標本が水槽の中に展示されている。実見した感想は、まさに怪物そのものだった。

さあ、午後はのんびりしようexclamationわーい(嬉しい顔)ああ、もう眠くなってきた眠い(睡眠)
posted by sotoyan at 12:41| Comment(8) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

アンビリーバボー!


500x500-49152ab.jpg文化祭の代休を利用して島根県の足立美術館へ行き、今宵は米子の全日空ホテルへ宿泊している。足立美術館は海外からの評価が極めて高い日本庭園を有し、横山大観のコレクションがある。加えて、今回は院展も開催されており、夕刻は17時から日本庭園のライトアップがある。まあ、某ツアーなのだが、ここで信じられない出会いがあったexclamation×2

というのも、ホテルへ到着してシャワーを浴びてから夕食へ行き、偶然相席となったおばちゃんと話をしていたら、何とかつてパキスタン遠征を共にしたN先輩の奥様だったのだexclamation×2そして、奥様も僕同様単独でこのツアーに参加されており、別バス(2号車)の乗客だった。バスが違うので出会う確率は殆ど無く、しかも僕が偶々遅れていかなかったら同席することもなかった。いやあ〜、世の中、何が起こるか分からないものである。

北海道から集団就職で上京して川崎の☆芝に勤務、そこで出会った年下のN先輩と一緒になった奥様。「亡くなってから、どんなに優しくていい人だったか分かった」と仰って、最後の方は涙ぐまれていた。そして、バッグの中からN先輩の写真を取りだして見せてくれるのだった。

そこには、教室で笑っている顔とアイスクライミングをしているN先輩が懐かしい顔で微笑んでいた。そう、N先輩は92年の遠征の5年後再度パキスタン遠征へ参加し、帰らぬ人となったのである。

足立美術館は予想以上に素晴らしく、横山大観の富士山の絵の素晴らしさに感銘を受けていたが、よもや、それ以上のドラマが待っているとは一体誰が予測できようかexclamation×2

N先輩が引き合わせてくれたに違いない、この出会いに感動しながら、米子の夜は静かに更けていくのであった。




posted by sotoyan at 21:30| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。