2010年02月27日

マオ&ヨナ


20100226-00000199-jij_vanp-spo-view-000.jpg昨日は、この二人の対決に日本中が興奮したろう。かくいう自分も、職場近くの某ヨーカドー1Fの大型TVで買い物客にまぎれて見ていた。13時前に最終滑走組が一同に画面に現れると、一気に興奮と期待のボルテージが上がってくる。

ところで、この場面で意外に思ったのは、安藤美姫のリラックスぶりだった。クレオパトラに扮した彼女は金メダル争いをマオ&ヨナに任せて、唯自分のステージを完成すればよいという雰囲気だった。そして、その安藤の点数が優勝のラインを決めるという前日の解説者の言葉は、現実のこととなった。

安藤の演技の後、キムヨナが最高の演技を見せる。これはもうダントツの出来で、彼女自身が演技後に思わず涙ぐむほどであった。スピード、きれ、自信、余裕にあふれた演技は、世界最高得点に値する素晴らしいものだった。そして、この演技が麻田真央に大きなプレッシャーをかけることになる。

直前までイヤホンで音楽を聴いていた彼女の表情はやはり硬く、演技の際の音楽もそんな彼女を追い込むかのように重いものであった。また、かつての伊藤みどり以来、マスコミはどこか3回転ジャンプにこだわる部分があるように思え、この日の演技にもトリプルアクセルを果たして完璧に飛べるかというプレッシャーを常に与え続けていた。まるで、トリプルアクセルが優勝の鍵であるかのように・・。


20100226-00000200-jij_vanp-spo-view-000.jpg後で分かったことだが、彼女のトリプルアクセル2回のプラス点はわずか1ポイントであったという。一番のプラス点は優雅なビールマンスタイルの滑走であったから、如何に芸術点が重視されていたかが分かろうというものだ。結局、彼女は氷にスケ−ト靴のエッジをひっかける不運もありジャンプを失敗、キムヨナに及ばず銀メダルとなった。しかし、先述のキムヨナの出来を考えると、これはもう大健闘であり、今回ばかりは世界中の誰もがキムヨナには敵わなかったのだ。

リラックスした安藤は銅メダルの可能性があったが、オリンピック中に実母を亡くした地元カナダのロシェットにそのメダルを譲ることになった。まあ、これはこれで良かったのではと自然に思われた。また、初出場の鈴木明子も素晴らしい演技で8位に入賞。フリーに関して言えば、彼女が日本人選手の中では一番良い出来ではなかったか。

かくして、女子フィギュアの19才対決は幕を閉じたが、次回が大いに楽しみであることは言うまでもない。この二人の勝負、暫くは世界が注目し続けるだろう。(写真は時事通信のものです)


posted by sotoyan at 09:09| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

みやぎ蔵王・樹氷トレック

この週末は、足を延ばして宮城蔵王の樹氷トレッキングに行って来た。風邪っぴきで体調はイマイチだったが、素晴らしい樹氷を目の当たりにして大いに感動した。
resize1519.jpgそもそも今回の樹氷巡りは、正月の安達太良山で出会った蔵王の野人さんのお誘いから実現したもので、そういう意味では山のネットワークが広がったという嬉しさもある。メンバーは安達太良組の2名に加え、僕の山弟子を加えて4名。これに野人さんと雪ん子さんが加わり計6名のにぎやかなトレッキング部隊となった。ちなみに山弟子のZ君は今回が雪山デビューとなり、一月遅れの山の成人祝いとなった。


resize1514.jpgまた、初日は山スキー組と遠刈田温泉散策組に分かれて、それぞれ有意義な時間を過ごしたのであった。かくいう自分は、独身時代にこの遠刈田温泉に幾度か来ており、今は亡き職場の先輩の娘さん夫婦が経営しているペンションでお世話になっていた。そして、今回は十数年?ぶりの再会を果たすという目的もあったのだった。遠刈田温泉の公共浴場「神の湯」に迎えに来てくれたマスターは以前と少しも変わらず「ご無沙汰〜っていうには長すぎるね〜exclamation×2」と歓迎してくれた。奥さんもおばあちゃんもお元気そうで何よりだった。


resize1504.jpgそんなこんなで、今回の蔵王はいろいろな要素が盛り込まれた「寄せ鍋」みたいな企画であったが、存分に冬の蔵王を堪能したことは間違いなかった。最後に、我々を心から歓迎して樹氷の案内をしてくれた野人さんと雪ん子さんに感謝し、この日記を終えたい。どうもありがとうございましたexclamation×2
わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 23:27| Comment(7) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

フォトブック

今朝の雪はなかなかの降りだったが、職場で仕事を始める頃にはもう薄日が差し始め、午後には物の見事に晴れ上がってしまった。風邪っぴきでパッとしないのだが、帰宅するとフォトブックが届いていた。


100218_2306~0001.jpg共に昨年末のカナダ・イエローナイフのものだが、右側の小さい方はオーロラ主体のハードカバー版、左の茶色の方はソフトカバーでサイズも大きい愛蔵版となっている。オーロラも三回目になると少し目が肥えてきて、峻別しやすくなってきたようだ。また、オーロラ以外の街中や夕陽の光景、食べ物や気に入った標識やロゴなども入れて、トータルな雰囲気を出したいという思いが強くなっている。

実を言えば、右側のハードカバー版は初版ということになり、これを更に改訂した二版を作成、現在は出来上がりを待っている状態である。アラスカの時も結局四版でようやく納得のいくものが出来たと記憶しているが、フォトブックは凝り出すとこれだから困ってしまう。

これだけのこだわりを、もう少し仕事に注げと言う声があちこちから聞こえてきそうなので、今夜はこれでお開きである。
posted by sotoyan at 23:26| Comment(4) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

フォトランプ


resize1490.jpg久々の晴天に恵まれて、東京は新宿・四谷界隈を散策してきた。目的の一つは、ブログ仲間でお馴染みの雪国もやしさんの息子さんで僕の教え子であるもやしっ子君の写真展。今一つは、友の会の会員にもなっている某青年劇場の芝居を見るためであった。共に新宿御苑の近くであり、天気も良いのでJR四ツ谷駅から歩いていったのだった。

さて、もやしっ子君の作品展は「フォトランプ〜好きな○○」というタイトルが付けられており、それぞれユニークな作品が並べられていた。会場は元小学校を地域のために再活用しているアートプラザで、昔は教室であったろうその会場は、とても温かでどこか懐かしい雰囲気に満ちていた。


resize1489.jpgもやしっ子君の作品は「心音」と題されており、黒い画面の中に黒い人影があり、その後部でペンライトのような光が様々に動いているものだった。本人からも説明を受けたが、人物には30秒ほど静止してもらい、その後で彼がペンライトを持って動き回ったという。何ともユニークで、その鮮やかな光跡は、どこか極寒の中で撮影したオーロラを思い出させた。もやしっ子君の動いてる様を思い浮かべると可笑しくなり、ついつい笑ってしまうのだった。

他にも女の子ならではの「手をつないだ」写真や夕焼けの写真、同じネガで昼夜を表す写真などもあり、大いに感心し、且つ刺激を受けた。一応許可を得て、会場内を久々に広角やfishで撮らせて貰い、調子に乗ってもやしっ子君とも1枚記念に撮ってしまった。


resize1493.jpgその後は、近所のカレー屋で昼食を共にしながら四方山話に花を咲かせたが、少し見ない間に雰囲気がますます落ち着いて、好漢ここにありという感じであった。工芸大学で専門的に写真や映像技術を学んでいる彼には、教えられることがいっぱいで、今日もタムロンの保護フィルターがあまりに汚れていたので「それでは付けない方がいいくらいですよ」と諭されてしまった。

考えてみると、アラスカでもカナダでも利尻や尾瀬でも極寒や風雨の中、極めてワイルドにカメラを扱ってきたことを思い出し、苦笑することしきりであった。未来のある青年に刺激されっぱなしであったが、それもうれしいことと素直に感じられ、キング・フィッシャーという緑のボトルビールを傾けるのであった。

そのビールが若干効いてしまったのか、その後の芝居の前半はやや目線が落ち気味であった。タイトルは「三年寝太郎」であったことを書き添えて、今夜はお開きとしたい。
posted by sotoyan at 20:30| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

ニュー・アイテム


100211_1438~0001.jpg寒い1日、夜半の雪が心配されるが、新たなグッズを紹介しようexclamation×2

先ずは、このシューズexclamation×2勿論、ランニンング用でもあるが普段の生活で使えるタイプを選んだ。久々に地元駅の東☆スクウェアに繰り出してゲットした。明るいイエローの色遣いが気に入り、フィット感も申し分ない。これなら軽快に走れそうである。

もう一つは、このピンク色の四角いプレート。大きさはA5サイズ。そう、B5サイズのノートをもう一回り小さくした大きさである。こんなに小さいのに、計測結果はデジタル数字で明確に表示される。そろそろ見当がついたのではと思われるが、実は携帯サイズの体重計なのである。通勤ザックにもあっさり入る。


100207_1328~0001.jpgうちで息子に見せると途端に興味を示し、「これ、面白い」ということですぐに計測にいそしんでいた。もっとも、足がこのプレートからはみ出るのにしっかり測れる所は、僕自身もなかなか気に入ってる所なのだ。まあ、世の中には「測るだけ」ダイエットなる言葉もあるようだが、少し意識しながら健康に気をつけたいものだ。
posted by sotoyan at 19:21| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

しまった!


100208_2018~0001.jpg帰宅する際、ビールが切れていたことを思い出した。いつもの酒屋は残念ながら既に店終い、あわてて近所のセブンへ寄る。エビス・ゴールドプレミアム・ラガー・一番搾りと続いて、あまり見かけない黒い奴を1本。発泡酒と書いてあったが、まあいいかと家路を急ぐ。

さて、息子と女房は既に夕食を終えており、着替えてからゆっくりと食べ始める。先ずはエビスで始まり、2本目の黒い奴に移る。ところが、これがスゴかったexclamation×2そう、黒いのは伊達じゃない、クルムである。なんていう親父ギャグはおいといて、何と「チョコレート」味なのである。「おいおい、バレンタインにはちょっと早いぞexclamation×2」などとゴルゴ13のように渋くため息をつく。


100208_2019~0001.jpg缶をよく見れば、Chocolat Breweryと確かに書いてある。う〜む、ショコラって雅子様の愛犬じゃなかったっけ、などと言ってる場合ではなく、牡蠣フライとロールキャベツには何ともそぐわない味であることは言うまでもない。おまけに期間限定商品らしい。

一足早いバレンタイン・ビールの地雷を踏んだ形になったが、こういうこともあるさ、明日は明日の風が吹く。そう呟きながら、夕食を継続するのであった。


posted by sotoyan at 23:57| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

上野の「顔」たち


resize1475.jpg過日、午後から上野へ行った。時々、時間が出来ると発作的に「美しいもの」を求めてさまよう癖があるのだが、まあ、今回もそのようなところだ。
趣味人アルバム

さて、上野公園のど真ん中へ来ると、いつものことながら本当にノビノビする。噴水が上がり、大道芸人がおり、修学旅行風の学生が目立つ。そして、外人さんたちexclamation×2動物園にもひかれるが、ここはオーソドックスに国立博物館の土偶展にした。実は職場の図書館で割引券を得ていたのだった。


resize1478.jpgしかし、その土偶展はあまりの混みように「流し見」となった。そして、常設展で仏像などを気ままに撮影しながら、後は冬晴れの上野を散策した。東照宮の冬牡丹展(甘酒も飲んだ)、正岡子規記念球場、西洋美術館、大道芸人達・・。子規球場は、授業で扱った「ベースボール」という彼の文章を思い出しながら、また、西洋美術館では外にある「考える人」や「地獄の門」を激写した。このロダンの作品はいつ見ても面白く、その時々の自分の心情などが反映されて興味深い。


resize1480.jpg正味2時間ほどの「小さな旅」であったが、気分転換にはもってこいだったようだわーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 17:39| Comment(6) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

やるじゃん!

今日は節分。豆まきはしなかったが、息子のギャグを味わえたので良しとしよう。何でも、来週の建国記念日に入った練習試合の出欠確認の紙である。

試合に「出たい」「出られない」という2択に、出たい「けれど」出られないと書いた息子。しかも、キリトリ線が「キリスト教」になっているexclamation×2

なんじゃ、これ〜〜exclamation×2と驚いたが、結局、息子の勘違いで、21日の別の試合と11日が重なっていると思ったらしく、それを指摘したら、「そうか」とあっさり「出たい」に○となった。

しかも、1年生のメンバーに手書きで「1−6古井二誰田」を追加exclamation×2「あれ〜、新入部員かexclamation&question」と言うと笑っている。よくよく見れば「こいつだれだ」ということになる。

おいおい、結構やるじゃないかexclamation×2いい線行ってるよexclamation×2わーい(嬉しい顔)そんなことを胸の中でつぶやきながら、「どんどんやらなきゃexclamation×2」などとハッパをかけるのであった。
posted by sotoyan at 19:40| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

ミューザdeあっきー


100201_1803~0001.jpg夕刻の氷雨は、帰宅する頃には激しい雪となっていた。しかし、心の中には力強いテノールの響きが渦巻いていた。

そう、中学入試がスタートした今夕、川崎の実家の母を連れて、「千の風になって」の秋川雅史さんのコンサートへ行って来たのだった。母は彼の大ファンで、CDやDVDはもとより、自筆のサインやTV出演を録画するほどである。尤も、その手配をしたり、録画したビデオクリップをDVDにしたりするのは専ら僕の仕事なので、まあ、いつの間にか僕自身も彼のステージを幾度か見る羽目になっている。


100201_1448~0001.jpgところで、今日のコンサート行きを企画したのは、実は昨年の秋のことである。両親の「喜寿を祝う会」を開いた際、母が大好きな彼のコンサートのペア・チケットをプレゼントしたのだ。勿論、親父と行っても良いのだが、恐らくは僕の出番になるだろうという予測の元におこなったサプライズであった。場所は、これまた素晴らしいミューザ川崎というシンフォニーホールで、その響きの良さは抜群で、しかも2階席がぐるりとステージのすぐ近くまで延びており、今夜もすっかり感心したものであった。

唯、一つ大きな問題が残っていた。というのも、母は脳血栓の後遺症で左半身に麻痺が残っており、今日のような外出時には車椅子が必要になっている。今日もミューザに連絡を入れて車椅子を借りたのだが、折角のS席まで到達するには階段を数段下りていかねばならず、正直言って最近の母の脚では困難であった。そこで、2階席入口付近のテラス状の車椅子席に無理を言って追加して頂いた。(事前の問い合わせでは、その座席は既に完売とのこと)そして、僕自身はチケットのS席で観て、最後のアンコール時に母の所で一緒に観たというわけである。流石にS席は、ステージ右のすぐ上で、母がここにいたら更に狂喜しただろうと思われた。あっきーの端正なマスクと力強い歌声が手に取るようであったからだ。


100201_1713~0001.jpg「第4楽章」と銘打たれたコンサートの曲目は全10曲、お得意の「グラナダ」を始め、カンツオーネから2曲、日本の歌謡曲から「愛燦々」「熱き心に」「乾杯」「遠くへ行きたい」「浜辺の歌」など6曲、締めは「千の風になって」。アンコールは「翼をください」であった。曲間のトークも上達して観客を飽きさせない。というか、ファンの多くは妙齢の女性なのだから、元々飽きるはずがないのである。「あっきーexclamation×2」「好きよ〜exclamation×2」「日本一exclamation×2」などの嬌声と拍手がステージへ降り注ぐ。いささか面映ゆい感じもするが、まあ、大目に見ようかという感じである。母は結構好きな歌の所でハミングをして係の方に「注意」を受けたらしいが、まあ、それも良しとしよう。


100201_1447~0001.jpg往復は親父をアッシーに使ってしまったが、母の満足そうな表情を観て「良かったな」と胸をなで下ろした。僕自身3回目となった彼のステージだったが、歌声は一段と力強くなっており、TVであまり見かけなくとも心配は不要だということを、あらためて認識した。






posted by sotoyan at 22:04| Comment(10) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。