2007年06月28日

バッサリ!

暑い晴れが続く。一体、小雨梅雨はどこへ行ってしまったのだ。おまけに来週からの期末試験を控えて、授業の追い込みと問題作りに大わらわという所である。と言いながら、実はまだほんの少しだけ余裕があるのだが・・。


070628_1520~01.jpg6時間目の古典で助動詞の練習問題を何とか終えた後、クラスで掃除を見ていたら、中の1人に「これ、あげますよ!」と言われた。「こういうの、けっこう才能あると思うんすけどね・・」と、彼はなかなか自信満々だ。なるふぉど、イイ出来である。

「イイね〜、有り難くもらっとくよexclamation×2」、そう言い残して職員室へ持って帰ってきた。こうして、時々、思いがけないグッズが増えることになるのだが、それはそれで単調な学園生活にあってはわーい(嬉しい顔)うれしいサプライズなのである。


070628_1622~01.jpg願わくば、このダースベイダー風野武士の剣で、この蒸し暑さを一刀両断にして欲しいものだ。たのむぞexclamation×2
posted by sotoyan at 23:30| Comment(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

梅雨の高尾のソーラン節

昨日とはうってかわっての雨だったかが、友人と高尾山へ行ってきた。少しばかり降られたが大したことはなく、かえって涼しくて良かった。雨のせいか人も少なく、静かな山が楽しめた。山頂では大見晴亭でビール&おでん&たぬきそば&冷や奴で、盛り上がった。下りは、例によってリフトで空中散歩。友人の感嘆を誘っていた。

さて、リフトが終点に近づくと何やら威勢のいい掛け声と音楽がexclamationそう、梅雨空だって何のそののソーラン節だexclamation×2思わずデジカメを構えてしまった。

それでは、高尾の南中ソーラン、どうぞexclamation×2わーい(嬉しい顔)



posted by sotoyan at 20:34| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

みんなで国語辞典!


070623_2151~01.jpgかねてから気になっていた、超現代語辞書。実は大修館書店が05年秋に呼びかけた「みんなで作ろう国語辞典!もっと『明鏡』キャンペーン」という企画に応募された11万1472語の内の抜粋なのだ。ちなみに、「明鏡」も同社発行の由緒ある辞書名である。

内容は、「若者ことば」「学校のことば」「ネット・メールのことば」「業界・専門用語」「オノマトペ系のことば」「日常・通のことば」「さまざまな作品集」となっている。「若者ことば」には「多分来年は通じません」という但し書きがついているのも面白い。

「しゃしゃる」「あげあげ」「ハブる(ハブられる)」「バックれる」のように馴染みのあるものもあるが、全く想像だにしないものが並ぶのには目を見張る。

例えば、「ペレ判定」=「模擬試験での志望校判定がDやEランクであること。受験生が使う。語源は元サッカー選手のペレがEDであることから。(大阪府・高2)<補注>ペレ氏はED(勃起不全)ではないが、ファイザー社が行ったED啓発キャンペーンでCM出演している。」等となっている。おそらくサッカー好きの高校生が考えたのだろう。なかなか笑えるし、補注をつけてある所が優しい。

その他にも興味深い語群がこれでもかと掲載されているので、興味のある方は是非ご覧頂きたい。子どもさんとのコミュニケーションの一端になりそうな感じだ。

最後に、僕が生徒から聞いた言葉をすこしだけ紹介してみよう。「勝ちる(勝ちってる)」「やり目(もく)」「JK」「JS」など、分かりますか?
posted by sotoyan at 22:43| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ソコだったか!

暑い日が続く。梅雨入りは、やはり早急な報道だったのか・・。

さて、唐突だが、我が家のインターネット環境は所謂ワイヤレス(無線)LANというやつである。NECのATERM・WARPSTARで室内に飛ばしている。ちょい古めのデスクトップには子機のLANカードを挿入し、無線LAN内蔵型のノートパソコンなら手間いらずでネット環境が構築できている。唯、それは「楽々無線LAN」なる付属のCD−romで構築したものであって、特段に自分に知識があるというわけではなかった。

OSがXPの時はこれで全く問題がなかった。ところが、VISTA搭載のパソコンでは繋がらなくなってしまったのだ。ネットワークを開けば、利用可能なネットワーク環境が一覧として表示される。勿論、先述したWARPSTARのネットワークもしっかり表示されている。しかし、いざ、接続の段階になると所謂ネットワークキーをあらためて打ち込まなければならない状態に陥る。そして、そのネットワークキーが僕にはわからなかったのだふらふら

取り説にはATERMの本体に記載されていると書かれているのだが、どうも良く分からない。それと覚しき符号(数字も交えた)を入力しても一向に埒があかない。つまりは、キーの符号が誤っているのだ。おかしいなあ・・と思いつつ、不本意な日々を経ていたのであった。

ところが、先日、偶然にもネットワークキーを発見した。それは件のWARPSTARのスタンドを外してみたことによる。そう、スタンドを外した本体の底面にしっかりとネットワークキーが記載されていたのである。思わず、僕は叫んでいた。これだexclamationこれに間違いないexclamation×2
案の定、この符号をネットワークキーに入力したところ、物の見事にネットワーク環境が確立したのであった。何故、もっと早く気づかなかったのだろうか、そんな思いはいつものように僕を襲う。しかし、僕は自力で発見したのだ。付属のCDーromの世話にならずともexclamation×2

てなわけで、ささやかなネットワーク革命の一幕でした。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


posted by sotoyan at 20:20| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

小宇宙


ajisai2.jpg真夏のような陽射しの下、サイクリングに行った浅川土手沿いで見つけた紫陽花。僕が好きなのは、この青紫色のガクアジサイだ。まとまった大きい花でなく、このような小さな花弁が周囲に配置された、まるで小宇宙のような形がいい。思わず、何枚もシャッターを押してしまった。


shiroihana.jpgまた、この白い花も綺麗だった。これは浅川サイクリングコース終点付近の陵南公園のものだった。ここには、ちょとしたアスレチックのような遊具が沢山あって面白いが、今日は川岸へ下りて石投げなどに興じた。薄い石を拾って川面に投げ、何回川面を跳ねるかというのがミソだ。


ishinage.jpgそれにしても、今からこんなに暑くなってしまってはねえ・・。ふらふら
posted by sotoyan at 19:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

CORKER

今週も熱い陽射しが続いている。昨夜は遅かったので、今日はなかなか辛かった。最近、寝不足が一番こたえる。


070613_2134~01.jpgさて、寝不足の原因になる夜の会議の前に、近くのカモシカスポーツでNEWザックを求めた。以前から目はつけていたのだが、ついにゲットしてしまった。鮮やかなグリーンとすっきりしたシルエットが際立っている。メーカーはHAGLOFSで、ザック名はCORKERだ。

山用には勿論だが、お洒落なスタイルはむしろタウン仕様だ。両サイドのジッパーが大きく開閉し、物の出し入れも容易である。左サイドは小物入れ用のネット袋が3層構造になっている。また、ウエストベルトは根本から取り外しが可能なので、既に取り払ってすっきりとさせた。

今までのMILLETのザックには少し休んでもらって、これからはこのCORKER君に頑張ってもらおうと言うわけだ。値段的には88という所で、お買い得ではないかと自画自賛している。

明日から雨梅雨入りの声もあるが、アジサイが目につき始めた季節。気持をフレッシュに持って、過ごしたいものだ。わーい(嬉しい顔)


posted by sotoyan at 22:33| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

スーパーマン

この週末は雨模様で、何だかほっと一息だ。先週はハードだったので、ちょうど良い休養になる。

さて先日、大学時代のバー同窓会ビールがあった。もう、卒業して20年以上になるのだが、会って話し始めるといつの間にか昔の顔に戻っているから不思議だ。今回の場所は秋葉原で、有名なお肉屋さんでのしゃぶしゃぶだった。総勢20名ほどが、和気藹々と集った。

飲み食いしながら、ふと、話題になったのが「スーパーマン」だった。そう、あの頸椎損傷で大けがをしたクリストファー・リーブス主演の第1作である。この映画を公開当時、仲間6人で見に行ったのだ。しかも男女それぞれ3人づつの清く正しいexclamation&questionグループ交際の見本みたいな企画であった。

この時の女性陣3名がちょうど出席だった。思わず、「覚えてる」と訊いてみた所、やはり、皆さん覚えているのだった。特に、映画のラストで恋人を失ったスーパーマンが時間を戻そうと、地球の周囲を超高速で回るあたりのことも覚えていた。「確か、やめて〜とか、キャーとか叫んでたよね」などという話にもなった。

しかし、この「スーパーマン」、僕にとってはほろ苦い思い出の一つなのだ。既にお察しかも知らないが、この女性陣の中に僕が想いを寄せる人がいたからだ。そして、実質的にはこれが最初で最後のデート(懐かしい言葉だな)となったわけだ。

「覚えていてくれたんだな」と思いつつ、また、こうして再会して話をしていることの不思議さと有り難さを感じたりした。「そうさ、最後ってわけでもなかったんだ」窓の向こうには電気街のネオンが、やけに派手に輝いているのだった。


posted by sotoyan at 08:55| Comment(6) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

白馬三題

晴天が続く。陽射しは強いものの空気は乾いていて爽快なのだが、その分動きすぎて?疲れがたまってきたようだ。おまけに夜の会議も続いてきた。


hakubamura.jpgこんな時は先日の白馬の景色でも見ることにしよう。先ずは、八方尾根へあがるゴンドラから見た白馬村。意外に水田が多いことに気づく。太陽の光に輝いていて、「水村山郭酒旗の風」などという漢詩のフレーズが浮かんでくる。


jumpdai.jpg次は、麓のジャンプ台。所謂、ラージヒルにノーマルヒルである。長野五輪で日本のジャンプ陣が見せた活躍が忍ばれるが、今の時期でもサマージャンプ台として活用されているらしい。


kaikoma.jpg最後は、帰りの車内から撮った甲斐駒と日向山(左下の白い部分)。この日向山が昨年のバスハイキングの舞台だったのだ。白州の清春美術館やサントリーの白州工場を訪れたことも記憶に新しい。偶然、このように甲斐駒ヶ岳の勇姿と共にカメラに収まり、懐かしい感じがした。

というわけで、そろそろまた山の虫がうずいてきたようだ。
posted by sotoyan at 23:50| Comment(3) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

離さない!

高3の現代文の教科書に出てくる、川上弘美さんの短編小説である。画家兼高校教師であるエノモトさんがアパート自室の浴槽で人魚を飼う話なのだが、なかなかどうしてリアルで一風変わった味わいがある。

人魚は人間の三分の一ほどの大きさで、一心不乱に浴槽の中を行ったり来たりして泳いでいる。餌は鰺(あじ)が好みらしく、一度に五匹をまるで「ハーモニカを吹く」ように綺麗に肉をそぎ落として食べてしまうらしい。顔の造作は良くは見えないが、ノミで彫りつけたような目と口を持っていて、肌は白く、長い髪がまとわりつく胸は豊かである、とある。

まあ、そこまでとも思ったのだが、つい皆の注目を集めようと、黒板に人魚の絵を描いてしまった。そして、二つのクラスで二匹の人魚の絵を描いてしまったわけだ。正直言って、二回目の絵の方が良く描けていると思われた。そして、二回目は「ノミで彫りつけたような」目を、もう少し大きく、所謂少女漫画的な目の中に☆が輝くような大きな目にしてみたのだった。

これが、妙に受けてしまい、授業の後、数人が携帯で写真を撮っていたのには苦笑した。おいおい、ノートはあまり取ってないくせに、人魚の絵は写メかよexclamation×2

それにしても、人魚の話、男子校では想定外の反応があるものだ。いずれにしても、エノモトさんのように人魚の虜となり、学校を欠勤してしまうことがないように心がけたい。
posted by sotoyan at 00:29| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。