2007年02月28日

桜、だよね?

ついに、雪なしの冬が終わったようだ。「もう、春なんですか?」と生徒に訊かれたりもしたのだが、う〜む、この陽気ではやはり「春」っぽいことは確かだ・・。


sakura.jpgさて、これは近所の信松院の桜(だと思う)。ひょっとして河津桜?かな。ここには紅白の枝垂れ梅も見事に咲いているのだが、この桜も目にとまった。

明日は、いよいよ卒業式。天気は心配なさそうなので、思う存分「巣立ち」の瞬間を見届けることにしよう。今年は例の未履修問題のせいで2回に分けての卒業式と相成ったが、一足先に卒業するメンバーも、遅れて卒業するメンバーも、共に歴史に残る?ものとなるだろう。

ps、そんなわけで、明日に備えてネクタイを1本求めたムトヤンであった。byジュノー
posted by sotoyan at 19:45| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

学年末のデスク

3月1日は卒業式。2日から学年末テスト。そうそう、問題を作らなあかんのだ。とは言いながら、まだ授業も残っているし、範囲も終わっていないし、う〜む微妙な所やなあ・・。


070223_1519~0001.jpgてなわけで、職場のデスクはこんな感じだ。尤も、いつもと全く変わってないという見方も出来るのだが。
posted by sotoyan at 08:33| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

立ち乗りできる?

この所の日中の陽気ときたら、もう春と言ってもよいくらいだ。職場の植え込みでも水仙や梅が咲き、芳香を放っている。これでは、桜の開花もさぞ早いのではないだろうか。

ところで、皆さんは自転車の立ち乗りができますか?
立ち乗りとはバイクのウイリーのような一輪車乗りではなくて、坂道を登る際にサドルから腰を上げてペダルに立ち上がり、踏み込んで立ちながらこぐスタイルである。そう、子供たちが良くやっている、アレだexclamation

僕の自転車歴は結構長いのだが、考えてみると今までそういうこぎ方をしたことがなかった。それが、どういうわけか、近頃やり出した。それも、駅からの帰りの長い坂道である。

初めはへっぴり腰で立ち上がった感じだったが、今ではすっくと立ち上がり、やや前傾気味に思い切って踏み込めるようになってきた。四捨五入すれば、もう五十になってしまう僕だが、何だかとてもうれしい。

その瞬間、僕は少年になるexclamation×2何てね・・。わーい(嬉しい顔)


posted by sotoyan at 23:18| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

東京シテイマラソン

東京都内を3万人が駆け抜ける!東京シテイマラソンを見ていた。この雨の中では、さぞ寒いだろうなと思うのだが、一方でどこかうらやましくもある。ちょっと意地悪な見方をすれば、石原都政のプロパガンダ的なにおいもするけれど、市民ランナーにとっては魅力的なイベントであることに間違いはないだろう。

今日のTV中継は一応レースとしてのものだったが、メイキング・シテイマラソンや「3万人が走った!」シテイマラソンそのものの特番を是非見たいものだ。


daikichi.jpgさて、このパノラマ写真は先日の法事の際、春を感じさせる写真をつなげて作ってみた。特に、古いお寺の入り口に貼ってあった「立春大吉」の札が、胸にしみいった。今日の3万人にも、勿論、春の恵みがきっとあるだろう。そして、あなたにも!
posted by sotoyan at 11:50| Comment(3) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

Deer Skin

鹿革製の財布を買った。小金持ちのせいか、小銭を入れておく部分のチャックが壊れてしまい、閉まらなくなってしまったのだ。尤も、それ以前から、小銭入れの部分の内張が破れて、紙幣の方へこぼれていたのだった。どうにも面倒になって、ついに新しい物を求めた。

大体、いつもブラウン系が好きで、今回も結局ダークブラウンの財布となった。鹿革を選んだのは、とにかく手触りが良かったからだ。ツヤはないけれど、指にも手にも実に優しい触感がある。そして、小銭入れの部分はチャックでなく、ボタンでパチンと閉まるタイプのものを選んだ。これだと、ポケット自体がしっかりしていて良さそうだ。

財布に入っている中味は大したことないが、暫くはフレッシュな気持で財布を手にすることだろう。こういうのも気分転換の一種かな・・。わーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 21:39| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

ありがとう!

大変疲れる交渉を終えて帰宅すると、なにやらジュノーの脇に来訪者がexclamationしかし、それにしてはペットにあるまじき?形をしている。

う〜む、宇宙人かと思いきや、更に目をこらして見ると、それは何とチョコレートのようだ。どなたが、どのような技でこれをプレゼントして下さったか分からないが、とてもうれしく思った。

今夜の疲れる交渉も人助けだが、正義のために頑張ってきたつもりだ。7人の交渉メンバーが力を合わせて、イイ線まで相手を追いつめてきた。確かな手応えはあった。そんなことへの、ささやかなご褒美のように思えて、ホンマにうれしかったっすっexclamation×2手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

春一番 吹かれて吹いて チョコもらう
(そのものだなあ〜、byジュノー)
 
posted by sotoyan at 23:06| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

得したなあ・・

茨城の弟の所へ、法事で行った。東京駅の八重洲口からハイウェイバスで行くと結構便利なのだが、弟が親切に教えてくれた午前8時発のバスがなかったexclamation×2何と、6時台の次は9時20分なのだ。仕方なく、常磐線で向かうことになった。行き先は土浦である。


chirashi.jpgさて、上野駅から乗った常磐線は快速列車だったが、朝食代わりに買った弁当を食べようと飛び乗った2階建てのグリーン車はラッキーだった。2階席は美しいシートにやや丸みを帯びた天窓式の大きな車窓。おまけに、3/18の正式運行前の今の時期は「体感乗車」とやらでグリーン券なしで乗れるのである。そう、唯の乗車券のみでOKということだ。いやいや、鉄道マニアではないけれど、妙にうれしくなってしまった。


greencar.jpg2階席の前方には、いかにも鉄道オタク的な少年約2名が興奮気味に話を続けている。すれ違う列車にも豊富な知識をお互いに披露しあい、「今のも写真に撮っておきたかった」などと話している。そうだそうだ、いいんだよ、好きなことに夢中になれる君たちは実にエライゾexclamation×2とばかりに、おじさんも車窓の景色を楽しみながら鳥そぼろ弁当をわしわしと攻め続けたのであった。(このあたり、やや椎名誠風)わーい(嬉しい顔)


ume.jpg終点の土浦駅には弟が車で迎えに来てくれて、その後の一連の法事も無事に済んだ。田舎からみえた皆さんとの会食も楽しく、なかなかの一大イベントだったようだ。結局、弟の家に泊まってしまったのだが、周囲では梅の香りが漂い、春はそこまで来ているのだなあと素直に感じられた。
posted by sotoyan at 17:36| Comment(5) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

Vista!

今、話題のウインドウズ・ビスタ。そのホーム・プレミアム・エデイションをインストールしてみた。XPからのアップグレードだったのだが、先ずはインストールできるかどうかのチェックがされて、ハードデイスクの空き容量が不足していると出てしまった。

しかし、アップグレードするのには、結構ハイレベルの条件が必要なのだ。例えば、
@CPU=1GHZ以上の32ビットか64ビット
Aメモリー=1GB以上
Bハードデイスク=15GB以上の空き容量
Cグラフィックアクセラレータ=128MB以上のビデオメモリー

インストールを試みたのは、僕の持っている中では最新のVaioだったのだが、結果的にはCの条件が不足していたように思う。何故なら、ホームプレミアムの売りである「3Dエアロ」の表示が不十分だからだ。検索をかけた時に立体的に浮かび上がってくるファイルの像はついに出てこなかった。半透明の「ガジェット」というサイドバー的なものはちゃんと出てくるのだが・・。(結局、アップグレード自体は何とか無事に終わった)

これまでのPCだと、普通ビデオメモリーは32MBか64MBくらいだと思う。それが128MB以上というのは、かなり高いハードルということになる。こうなる、やはり、プリ・インストールしてあるPCを買う方が手っ取り早いということになり、マイクロソフトの商魂にはまることになってしまう。

もっとも、ホームプレミアムではなくてホームベイシックならOKなのだが、やはり、エアロがね・・。



posted by sotoyan at 00:00| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

メンズ?

夜の会議を少しでも楽しく?したいと、御菓子など買ってみた。コンビニの御菓子は、ポテチにせんべい、チョコにポッキーと相場が決まっている。でも、これには少々驚いた。


070207_1809~0001.jpg何と、このメンズ・ポッキーexclamation×2隣には、勿論、レデイス・ポッキーもある。一体、いつからこんなに進化したのか。男女共同参画社会(ちょい古)の反映か?

まあ、細かい話は抜きにして、楽しい発見だった。
posted by sotoyan at 23:29| Comment(8) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

ひどすぎる!

立春となり、梅も咲き、このまま本当に春になってしまうのかという感じなのだが、実は全く許せない出来事が起きている。それは、或る意味では教育の現場である「学校」の信用を失墜させるものであって、およそこんなことが存在するなんてあり得ないと万人に確信させるに足りうる出来事なのだ。

神奈川県の逗子市にS和学院という女子校がある。中高6年間の小規模な学校だが、面倒見の良い学校として地域では評判も悪くはない。この学校で、私学の教職員組合(労働組合)のメンバーであるという理由だけで、何と20年間にわたって、担任を始めとした学校内の校務分掌から仕事外しをされているYさんという教員がいるのだ。(学内では彼だけが組合員だった。現在は2人)

彼のこの差別事件に関しては、既にこの10年間で神奈川県の労働委員会や東京の中央労働委員会から、「学園理事側の差別人事は、不当労働行為である」という命令が明確に出されている。そして、学園理事会側がその命令の取り消しを求めて行ってきた行政裁判も、昨年4月に最高裁が棄却し、Yさんの勝利は確定したのであった。

従って、学園側はYさんに対する差別(不当労働行為)をやめ、Yさんを担任に任用しなければならないのだが、依然としてそれはなされていない。それどころか、Yさんに対する学内の日々の中傷誹謗は更に増加し、この件に関する団体交渉にも形式的には応じてきたが、中味は不誠実きわまりないものだった。そして、先月末にとんでもないことをやってきた。ちっ(怒った顔)

何と、Yさんに対して今後2ヶ月の自宅待機命令を出し、退職についても考えよという退職勧奨までしてきたのであった。その理由は、「生徒への身体的接触があったから」というでっち上げのようなものだった。しかも、今月14日の団体交渉を控えていたのにも関わらず、こんな不当な処分を強行してきたのだから、開いた口がふさがらない。

しかし、法治国家である日本と教育の現場である「学校」の名において、この事件を何とか解決したいと僕らは考えている。そうなんです、僕もYさんと同じ私学の労働組合の仲間であり、Yさんを支援する会のメンバーなのです。

皆さん、どうか力を貸して下さいexclamation×2パンチ




posted by sotoyan at 22:08| Comment(7) | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

うれしい報告

今週は長い。夜の会議が続いたので、寝不足気味である。おまけに、前半できつい飲みがあったのも大きな原因か。もっとも、それはそれで久々に楽しかったのだが・・。

さて夕刻、「面会です」と事務に呼ばれて向かうと、何とそこにはOBのI君が待っていた。ひょっとしたら、怪しい営業マン(1ルームマンション経営とかexclamation&question)か何かかなと思っていただけに驚いた。しかも、傍らに可愛らしい女性が。「今度、結婚することになりましたので・・」とややはにかみながら、それでも誇らしげに報告してくれた。

「それは、良かったなあ〜exclamation×2」と思わず破顔一笑したが、何ともうれしいことだった。彼は高2〜3年と僕のクラスで野球部のマネージャーをしていた。そして、その真面目な仕事ぶりで監督の信頼も篤かった。そして紆余曲折を経て、現在は北海道のとある私学で野球部の監督をしているのだ。今度のセンバツにはおそらく彼の学校のライバル校が出場するはずだ。

二人を見送った後、何とも言いようのない温かいものが胸にほっこりと残った。暖冬の暮れ方だったわーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 00:03| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。