2006年08月31日

本日にて・・


last.jpg閉店させていただきます。店主、高齢のためexclamation×2

決して、そんなことはないのだけれど、良く通っていたラーメン店が店終いの日を迎えた。僕は、この情報を、やはり地元の床屋さんのお兄さんから聞いたのだが、いざ、駆けつけてみると、もう大変!店の内外を問わず、お客さんがいっぱいだった!


master.jpgこれも、「美味しんぼ」の山岡似の、見た目に若いリーゼント・マスターの人徳に他ならない。勿論、マスターを支えてきた高島礼子もまっ青の、ママさんの内助の功にもよる。

お客さんの多くがファミリーだったり、夫婦だったり、若い青年だったり、それはもうあらゆる層に及んでいるのを見て、やっぱり、いい店だったんだなあと、あらためて感じた。

今後はもうラーメン店をやらないというマスターだが、ホントに約20年間、ご苦労さんでした、ありがとう黒ハート。夏休み最後の日の、いい思い出になった・・わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 19:03| Comment(4) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

デジタル・フォト・コンテスト

夏休みもあと僅か。この夏を振り返るにはちょうど良い企画が目に入った。

富士フィルム主催の「カメラDIGITAL PHOTO CONTEST」、テーマは「」。この夏の成果から、これはと思うものを出品されてみては如何exclamation&question

かくいう自分も既に6作品くらい応募してみた。勿論、「これで夏?」というものもなくはないが、やっぱり、イイ作品だと自負している。

皆さんもどうぞ、チャレンジをexclamation×2手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

ps、コンテストの内容はこちらです。





posted by sotoyan at 09:58| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

ナイス、アンサンブル!

昨夕は、やけに爽やかで涼しかった。空を見上げると、箒で掃いたようなすじ雲。季節は、確実に変わりつつあるのだろう。

さて、甲子園の後は、女子バレーのワールドグランプリにはまっている。というか、元来、女子バレー好きなのだ。例えば、横山樹理(ちょっと古いかな)、中田久美、大林素子などの活躍に胸を躍らせていた。中でも、中田久美は大好きだった。一見強気でクールに見えるのだが、熱すぎて負けず嫌いで涙もろいところが何とも良かった。今は解説で頑張っているが、早く大友のようにいい人を見つけないかなあと、やや下世話な関心も持ったりする(おじさん的だな)。また、大林は地元出身の偉大な選手で、確か来月末に商工会議所が彼女を講演に呼んでいるはずだ(聞きにいこうかな)。

一方、現在の柳本ジャパンも、とてもいいメンバーが揃っている。キャプテンの竹下やベテラン杉山、「世界が恐れる日本の元気印」高橋みゆき、リベロの「かおる姫」菅山、「新大砲」荒木、「苦労人のニューヒロイン」落合真理、20才の木村、他にも大山、小山(ワンジョー)などがいるのだから、これはなかなかスゴイ布陣だ。

ロシアとブラジルには負けたが、他は3−0で完勝している。極めてミスも少ない。第3ラウンドの岡山での試合が更に楽しみだ。

それにしても、どうして女子バレーは、ジャニーズ系のアイドルグループと提携?してしまうのか。会場に女性ファンを動員するためなのかもしれないが、もっとまじめな?男性ファンが入りやすくする工夫も必要ではないだろうか、ねえ?わーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 09:48| Comment(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

何だろう?


denpun.jpg冥王星ではありません。これは、息子がママと一緒に取り出したジャガイモの「でんぷん」の顕微鏡写真。

顕微鏡といっても、こどもチャレンジのおまけだけれども、ご覧の通り、しっかりと映し出されている。いやあ〜、正直言って驚いた。さつまいものでんぷんも映したら、これより粒が小さいことも分かったらしい。

う〜む、やるのおひらめきパンチexclamation×2


posted by sotoyan at 08:43| Comment(2) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

火の国から


kumamotoeki.jpg久々の熊本は暑かったが、市内と阿蘇を満喫できたように思う。といっても、そう精力的に動いたわけではなく、駅前のニュー・○ータニホテルと阿蘇の内牧温泉でのんびりしたという感じだ。



senri2.jpg
特に昨日の阿蘇は、そのカルデラの大きさをあらためて実感した。草千里ののびやかさ、草をはむ牛たち。火口こそガスの影響でロープウェイは動いていなかったが、その雄大な景色には胸がすかっとする思いだった。


asozan.jpg内牧温泉も実に良かった。7Fの部屋からは阿蘇五山がこれでもかと大きく目に飛び込んでくる。到着した後すぐに夕立があり、その後も雷鳴が轟き、稲妻が幾度も怪しく光り続けた。こんな大自然のLIVEも、そうお目にかかれるものでもない。一番左端のギザギザの根子岳が、ふとかつて登ったマレーシアのキナバル山に見えたりした。


nekodake.jpg

温泉や食事も勿論良かったのだが、何と言っても、この雄大な景観が一番だった。また、妻のお父さんは足が大部弱くなっていらしたが、息子が付き添っているととてもうれしそうだったし、何より食事がとても進むのであった。お母さんに「食べ過ぎよ」などと言われていたが、それはむしろ僕の方だった。


edge.jpgところで、市内のホテルも温泉でも、ふと夜中に目が覚めることがあった。そんな時、活躍したのが新しいAIRーEDGEのカード、AX510Nだ。今までのカードより通信速度が約6倍ほどになり、ダブルアンテナで良く電波を拾えるようになった(これを用いて前回のブログもupした)。

そんなわけで、飛行機であまり距離感こそ感じなかったものの、久々の熊本はお父さんお母さんと共に楽しめたという感じだった。もっとも、妻の方が何倍も喜んでいたのだろうけど・・。わーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 20:45| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

熊本です!

早実の感動的な優勝を見届けて、今日は妻の実家へ3人でやって来た。飛行機空港へはお父さんとお母さんが迎えに来て下さっており、恐縮した。

本当は正月に帰る予定だったが、親父の入院などもあって、夏になったのだった。妻にしてみれば、うれしい帰郷に違いない。

明日は阿蘇の方へみんなで出かける予定だ。では、グッド・ナイトexclamation×2眠い(睡眠)






posted by sotoyan at 22:13| Comment(2) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

こうでなくっちゃ!

この所の日中の暑さは、半端ではない。ふらふらもう、外に出るだけで体力を消耗しそうだ。唯、そんな暑さの中、甲子園では早実が決勝進出を果たし、悲願の初優勝に王手をかけた。

斉藤投手の素晴らしさは言うまでもないが、敗れた鹿児島工業の選手たちも実に爽やかだった。特に途中からリリーフしたエースの表情。瞳が実に輝いている。あんなに綺麗な目には久しくお目にかかっていない。男の僕でも心を奪われそうなのだから、女性にはたまらないのではないだろうか。強いて比べるなら、ジャイアンツの定岡投手の鹿児島実業時代に少し似ているか。

また、元気印の代打11番。彼のひらめきスキンヘッドにナインが手を乗せ気合いを入れる、そのパフォーマンスでどれだけナインが励まされ、観客が喜んだことか。彼が終盤のピンチに伝令でマウンドへ駆け寄った時、アナウンサーも言っていた。「おそらく、監督の指示はないでしょう」思わず、笑ってしまった。斉藤投手との対決は三振に終わりはしたが、一球毎に吠え続け、また、それに応ずるように斉藤投手も渾身の148kmで仕留めたのだった。球場全体から大きな拍手と歓声が巻き起こり、今日最大の見ものだったことは言うまでもない。

こうでなくっちゃなあ〜、高校野球exclamation×2わーい(嬉しい顔)

posted by sotoyan at 22:08| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

大きな声では言えませんが・・

ついに、購入してしまったexclamation×2地デジ対応の32型薄型液晶TV。ここ数年来(はオーバーかな)の願いが叶えられた感じだ。


tv2.jpg以前からあちこちで見てきて、ブラ★アかア★オスかと決めかねていたが、店頭で説明を聞き価格を確認して後者に決めたのだった。パンチ

それにしても、即日配送で部屋に設置されてみると、暫し、感無量だった。というのも、これは最後の?大物として残っていた課題だからである。価格的に言えば、ネットショップで更に高価なPCを求めたこともあったけれど、自分で足を運び、買い付けてきた今回は何だかうれしさが違うようだ。

息子も早速、ハリーポッターのDVDなどを見始めた。まあ、いいんじゃないかな・・。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

posted by sotoyan at 08:36| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

トンネルの底から山頂へ〜谷川岳


doai.jpg谷川岳と言えば、土合(どあい)の駅である。この上越線の駅は第4湯桧曽トンネルの中にあり、薄暗くてヒンヤリとするホームから地上の駅舎まで何と400段以上の階段を登る。まさしく、ここから谷川岳登山が始まると言っても過言ではない。

今回は職場の同僚とロープウェイを利用しての山頂往復であったが、久々の土合駅やベース・プラザ(ロープウェイ乗り場がリニューアル!)が新鮮だった。

さて、10年ぶりになるだろうか。久しぶりの谷川岳はやはり風格のある山だった。天神平から見上げる姿は威風堂々としており、頂上付近が若干雲に隠れているのも登坂意欲を高めた。天気は上々、仲間もいい調子。どこぞの中高年ツアーの団体客が少々うるさかったが、まあ、多目に見よう。


tanigawadake.jpg
天神尾根をルートにとると、右にトマの耳に突き上げる西黒尾根、正面に上越国境尾根が良く見える。オジカの頭やマナイタグラ(まな板のような岩場)などが豪快で優美なスカイラインを描いている。


toma.jpgトマの耳、オキの耳と二つの山頂を踏み、我々の気分は最高潮に達した。若手のK君は懸命にデジカメを撮りまくっているし、麦わら帽子のM君も満足そうにおにぎりを食べている。最年長のK隊長も久しぶりのビッグな山に密かに興奮しているようだ。かくいう、自分も大いに満足している。いやあ〜、素晴らしいぞ、谷川岳!!
kenkyoone.jpg

下りは早く、ベースでは生ビールで乾杯。水上駅行きのバスに乗り込み、駅からは送迎車で谷川温泉へ向かった。実は、この谷川温泉、女房と新婚時代に来た所なのだ。予想以上の大きな部屋と豪華な食事に大満足!そうそう、貸し切り露天風呂なるサービスもついていた。


hana.jpg
翌日は、水上駅周辺を散策して、昼前に特急水上に乗り込んだ。ロング缶で乾杯した後は、いつの間にか眠りに落ちていた。まるで、この二日間が白日夢であったかのように・・。
cho.jpg


posted by sotoyan at 00:18| Comment(5) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

夏のご馳走

多摩の従姉の所へ、息子と一緒に遊びに行った。仕事で多忙な旦那さんからはモデルガンを2丁も貸してもらったり、午後はみんなでプールへ行って遊んだりした。

市営プールは安くて(大人250円子供100円)適度に空いていて、最高のコンデイションだった。陽射しは強いが、風が吹き抜け涼しい。子供たちが大はしゃぎなのは言うまでもないが、大人の方も負けじとはしゃいでいた。


gochiso.jpg
昼はハヤシライス、夜はご覧の通りの刺身に茄子焼き、いんげん+アスパラ+トマトのサラダ。これにビールで、もう言うことなしexclamation×2

何とものどかで心地よい夏の1日だった。手(チョキ)
posted by sotoyan at 07:49| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

名勝負だ!斉藤vs中田

野球甲子園球場、第4試合。超満員のスタンドは、この二人の対決に固唾を飲んだことだろう。勿論、僕もその中の一人だ。

初戦で横浜を打力で打ち破った大阪桐蔭の前に、今日の早実・斉藤投手は大きく立ちはだかった。注目の中田選手との対決は、1野飛+3三振。完璧に打ち取った斉藤投手だが、試合後の監督のコメントによれば、「中田選手との対戦を楽しみにしていた。はしゃぎするほどだった」とのこと。ポーカーフェイスで淡々と投げる彼の内には、勝負の炎がめらめらと燃え上がっていたというわけだ。

早実は春の選抜で横浜に準々決勝で大敗。それが、彼等の発奮の大きなバネになったという。そういう意味では、横浜を破った大阪桐蔭を彼等はリベンジの相手としたのだろう。

悔しさをバネに驚くほど成長していく、彼等の姿を見ていると、本当に若さっていうのは素晴らしいなと感じる。斉藤投手の成長も中田選手の迫力ある3三振も、共に素晴らしかった。こんな対決は、プロで言えば松坂vs清原みたいなものだろう。

早実は親父の母校、試合後電話を入れると喜びの声。そう、春には僕が「早実、良くやったよ」とねぎらっていたのだ。今夜は、僕が「早実、素晴らしかった!優勝してよ!」と親父を祝福したのだった。わーい(嬉しい顔)

ps、きっと、斉藤投手ファンのjellyfishさんも喜んでいるはずexclamation&question
posted by sotoyan at 20:02| Comment(4) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

夏のかたち

台風台風の接近で雨が降ったりやんだり。そんな中、久々にファミリーで(といっても3人だが)プールに行った。ここは全天候型のプールがある、1年中「夏の大陸」だ。


sl.jpg
雨で人は少ないかと思いきや、皆さん考えることは同じで、けっこう沢山の人が来ている。入場して正面の波の出るプール、なかなかいい。波の出てくる後ろへ回りこんでカシャッexclamation×2

夏らしい構図かなと・・。

ps、そうそう、ママの水着も久々に見た手(チョキ)わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
posted by sotoyan at 15:47| Comment(3) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

残そう!別所線(スペシャル版)

無言館へ行く際に乗車した上田電鉄別所線。利用者の減少などで廃線の危機にあります。こんなにステキなローカル線を簡単になくす訳には行かないよね。初のワイド画面でお届けします。

見所は次の通り。
@乗車の際は先頭車両から(他のドアは開かない)。
A乗車の際、整理券を取る。
B車窓が広く、丸窓(おしゃれ!)もある。
C独鈷(とっこ)山の勇姿がいつも見られる。

では、どうぞ、ご覧下さい!

■で準備、
▲で再生よ!







車窓からの風景を、もう少し!







posted by sotoyan at 08:52| Comment(5) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

う〜む、残念!

まさか、初日で帰ることになろうとはexclamation×2!決して、相手の大阪桐蔭を軽視していたわけではないが、「まあ、大丈夫だろう」という楽観論が大方だった。


yokoko.jpgしかし、予想外の大量失点。ホームラン攻勢に一気に突き放されてしまった。三番手で投げた落司(おとし)は下がったベンチで顔を上げることができない。そう、泣きっぱなしだったのだ。こちらも、つい目に汗をかいてくる。

ところで、相手のエースもピリッとしなかった。連続四球で満塁のチャンス!しかし、ここも決定打が出ない。最終回、越前が気迫のホームランを放つが、ここまで。春の王者は姿を消した。

アルプスで応援できなった自分だが、一部始終を出先のTVでこの目に焼き付けた。試合が終わって、暫し放心した。そして、思った。

一つのドラマが終わり、また、新たなドラマがスタートしたのだ、と。パンチ

posted by sotoyan at 18:32| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

アフロ?フラワー

先日訪れた、無言館の庭に咲いていた花。草花ではなく、樹の枝先に天に向かって咲いていた。いったい、何ていう花なのだろう。夏の日差しに、少しばかり戸惑っている感じがした。


afuro.jpg












直毛型は、こんなにすっきりとしている。


mugonbana.jpg

posted by sotoyan at 08:24| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

久々のフリー

久々に人工壁でフリークライミングに挑戦した。いつぞやの山野井夫妻に刺激されたわけではないが、いくらアルパインクライマーを名乗ってはいても、少しはフリーも登れなくては・・。

というより、単純に登りたくなったのである。それは、新しいシューズとハーネス(安全ベルト)を求めたことにも因る。そう、引っ越しの際に古いカビたシューズは涙をのんで処分してしまったのだ。(ウイランスのシットハーネスは、まだとってある)


freeclimb.jpgさて、西国分寺のジムはなかなか広く、ロープクライミングを一人でもできるような「自動ビレー」なる工夫がされていた。これだと、ロープを確保する相棒が居なくても一人で登り、同様に懸垂下降することができる。

しかし、久々のフリーは厳しかったexclamation×2ふらふら正直、まともに登れなかった。どこぞのベテランおじさん&おばさんがチャレンジしている前傾壁や垂壁のルートには全く歯が立たず、キッズ・チャレンジの緩い傾斜の壁を本日の主な修行の場としたのであった。しかも、最初の懸垂下降でビビッてしまったのは、いつぞやの前穂・松高ルートでの経験と同じである。


freeclimb2.jpgそう、日々の練習が大事なのだ。たまに行って登れるはずがない。しかし、いい汗を流すことができた、緩い傾斜の壁は慣れると無難に?こなせるようになった。ふふ、やっと目覚めてきたという所だろうか。

まあ、このチャレンジ、どうなることやら・・。待て、次号!


posted by sotoyan at 17:49| Comment(6) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

夏が来た!

涼しい1日、昼は夏季講座のメンバーと高尾山へ行き、夜は息子の友人家族と一緒に花火をした。


suika.jpg山では背負っていったすいかが大好評で、花火は3袋一度にやってしまうほど盛り上がった。




hanabi2.jpgすいかと花火、共に夏の定番だが、1日の内にダブルで経験するというのも珍しい。やっと、夏が来たって感じだ。わーい(嬉しい顔)
posted by sotoyan at 21:27| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。