2006年06月30日

ビギン!

梅雨はいったい、何処へ行ってしまったのだろうかexclamation&question
本当に蒸し暑い毎日が続く。昨夜は会議の後、久々に友人と飲んでしまった。軽くのつもりだったのだが、結局終電となり、今朝はけっこうダメージが残った。

昨夜飲んだのは生ビールと冷酒だったが、最近の日本酒は口当たりが爽やかで、華やかな香りがする。僕は学生時分熱燗(あつかん)が苦手で、あのツ〜ンとくるような匂いに閉口したものだったが、今は冷たい酒を時々口にするようになった。と言っても、辛口である。


bigin.jpg先日の白州でも試飲をしたが、この美吟は美味かった。「ビギン・ザ・ビギン」と言えば、フリオ・イグレシアスの大ヒットだったが、この美吟もおそらく大ヒット間違いなし!ここにあらためて紹介しよう。

さて、明日から7月。

ああ、まだ問題(期末試験の)が出来ていない・・。ふらふら
posted by sotoyan at 23:01| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

リチャー!!

ウイスキーの樽は再生されて幾度も使われるようです。その再生作業が、この「リチャーexclamation×2」。

樽の内部に残っているアルコール分を燃焼させながら、樽のリフレッシュをしていきます。火消しの瞬間も目見物です。

■で準備
▲で再生!




posted by sotoyan at 09:02| Comment(6) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

白州、山と酒と芸術に酔う!

超ハードだった先週を乗り切った週末、仲間と山梨の白州(はくしゅう)へ行ってきた。夏のバスハイキングの下見を兼ねていたが、北杜(ほくと)市に引っ越した友人とも合流し、楽しい時間を過ごした。

訪れたのは清春美術館、白州道の駅、サントリー白州工場、七賢(造り酒屋)などで、泊まった宿は春日居温泉だった。


kiyoharu.jpg

特に、白樺派の芸術理念を元に創られた清春美術館は素敵で、そのアトリエは宿泊も出来、レストランもある。元来は小学校だったらしいが、芸術に理解のある篤志家がこうした美術館とアトリエを整備したらしい。


suntry.jpgまた、下見で登った日向山の頂上からもはっきりと分かるサントリーの白州工場では、充実した見学ツアーが用意されていた。お目当ての試飲会場では、白州工場を代表するウイスキーである「白州(12年もの)」と「北杜」が、ハイボール&水割りで飲むことが出来る。勿論、カウンターで注文すれば、ロックでもストレートでもOK!美人バーテンダーがしゃきしゃきと笑顔満面に作ってくれる。


shiin.jpg

一方、日本酒だって負けてはいない。造り酒屋の「七賢(しちけん)」では、お洒落なカウンターで納得のいくまで試飲できるし、隣接の「臺眠(だいみん)」では美味しいお酒とうどん、とれたて野菜や豆腐も賞味できるのだ。



shichiken.jpg

まあ、こうしてみると、今回の下見は「山」よりも「下山後のオプショナルツアー」に焦点があったと言えるだろう。




それにしても、白州&北杜、とても素敵な所だ。友人同様、僕もやがてはここの住人になろうかな・・、などと窓の向こうに広がる水田を眺めながら考えてしまった。わーい(嬉しい顔)


hokuto.jpg

posted by sotoyan at 20:20| Comment(7) | 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

男は黙って、

サッポロビール!

beer.jpg


なんていうCMが昔あった。確か、今は亡き三船敏郎だったかと思う。男臭い三船の骨太で素朴な持ち味がマッチしていて、子供ながらに記憶に残っている。





それにしても、雨が続く。

今日は逗子で人助けの後、仲間とスパゲテイをレストラン食した。駅前ロータリーの魚屋の2Fにあるお店だ。ここは見晴らしがとても良い。角店だから約300度近い視野があり、張り込みにはうってつけである。勿論、僕らにそんな用事は全くないのだけれど・・。


spa.jpg

往復の車内では、沢木耕太郎の「シネマと書店とスタジアム」を読む。映画や書評、長野五輪や02W杯サッカーなどについての、彼らしい冷静で時折ウイットに富んだ穏やかな眼差しの文章が好ましい。

さて、今夜は、日本vsクロアチアである。
一体、どうなることやら・・。

頼むぞ!ニッポンexclamation×2パンチ演劇
posted by sotoyan at 14:57| Comment(11) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

大雨洪水警報発令!

今朝の雨小雨は、想定外の自体を引き起こしていた。何と神奈川東部で大雨洪水警報が発令され、生徒は午前10時まで自宅待機となるため、登校した生徒たちは最寄り駅から帰宅させられていたのだった。


ajisai2.jpg



午前10時までに解除されなければ臨時休校、解除されれば4時間目からの授業で再登校と言うことだったが、生徒も職員も「このまま10時になれ!」という思いであったが、残念ながら?午前9時44分に解除とあいなった。パンチ

子供たちは勿論、職員たちも「あと15分、
逃げ切れなかったか・・」という無念exclamation&questionの思いにとらわれたことは言うまでもない。中には、「大黒、頼んだぞ!」「時計の針を進めますか」なんていう楽しいコメントもあった。

ところで、再登校とはなったものの、多いクラスでは29名もの欠席者が出て、「一度返しちゃあ、仕方あんめい!」という結果になった。それでも、根本的には単調な学園生活にあって、こうした不測の事態が与える影響は計り知れないものがある。いろいろな意味で、以後、延々と語り継がれる話題になるかもしれないからだ。


shitugen.jpg一方、湿原となったトラックやあじさいの花が、妙に僕らの目を惹いた。

そう、これが日本の梅雨なのだ!よね!わーい(嬉しい顔)



posted by sotoyan at 20:32| Comment(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

北の大地の仲間たち

北海道の十勝から、お守りフクロウくんとモモンガくんがやって来た。彼等は天然の黒曜石から生まれたのだが、こんなに可愛らしくなったのは、一重に十勝工藝社の皆さんの腕によっている。

tokachi.jpg




これまでも、タウシュベツのアーチをモチーフにした作品や月とシマフクロウ、エゾシカ、ヘールボッブ彗星など様々な仲間たちがやって来ている。

うっとうしい梅雨時には、暫し、北の大地を夢想させる素敵な仲間たちなのだ。

特に、お守りフクロウくんは「玲瓏(れいろう)」と呼ばれる特別に光沢のある美しい黒曜石で、太陽の下では一層の輝きを内部に見せてくれるはずだ。

興味を持たれた方、是非、こちらをどうぞ!

十勝工藝社







posted by sotoyan at 22:58| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

日本、敗れる!

サッカーワールドカップ・サッカー、日本は大事な初戦を1−3で落とした。前半のラッキーな1点でリードし、GK川口の好セーブもあっただけに残念だ。ふらふら高原と柳沢のコンビは決して悪くはなかったのだが、決定力に欠けたことは見たとおり。

小野と柳沢の交代、茂庭と大黒の交代も今一つ合点がいかなかった。結果的に守備に破綻をきたして3失点ということになった。

中村と中田はまずまずの動きだったが、全体的にオーストラリアのパワーとスピードに押されていたのは事実。先制ゴールでいい流れとなった内に追加点が欲しかったが、まあ、仕方がない。

次のクロアチア戦で挽回するしかない!パンチ

そうは言いながら、サムライブルーがピッチに立った瞬間、やはり、ジ〜ンときた。

そうだよ、彼らが我々の代表なんだから!わーい(嬉しい顔)

頑張ってくれ〜、ニッポン!グッド(上向き矢印)演劇
posted by sotoyan at 15:44| Comment(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

いい手つきだなあ

hocho.jpg息子が小学校で調理実習をやったらしい。この間、それに使うエプロンをママと作っていたのだが、最近は何かと料理にチャレンジしだした。といっても、ママが手伝わせている?というのが真相だが。

なかなか、イイ手つきできゅうりを切っている。この短冊?キュウリが、昼の冷やし中華につながったわけで、そうなると、これはやはり、

すごいぜ〜exclamation×2演劇

ということになる。


chuka.jpgこの特製冷やし中華を食べて、僕は町田(鶴川)にあるW学園へ向かったのだった。

ところで、これって、やっぱり親ばかexclamation&questionかな・・。
posted by sotoyan at 09:21| Comment(3) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

アキバ系ではないけれど・・

今週は夜の会議が続き、少々へばってきた。まあ、明日を乗り切れば休みが待っているのだが・・。

巷ではサッカーのワールドカップ、秋田の小学1年生死体遺棄事件(犯人は川で事故死した女の子の母親)、村上ファンドの摘発などで賑わっているが、職場では今週から入った実習生達が、新鮮な奮闘ぶりを見せてくれている。今年は12名もやってきたのだが、僕の直接教えたメンバーも3名来ている。


yukata.jpg彼等のますますの奮闘を期待して、次の絵を贈りたい。断言しておくが、僕はアキバ系ではないし、美少女マンガ愛好家でもない。ここに紹介するのは、やはり、かつての教え子I君の力作ばかりだ。そう、彼は、毎月1回僕にこうした絵を届けに来てくれたのだ。

たった一度、

「うまいじゃないか!」

と褒めてしまったが為に!!わーい(嬉しい顔)
aka.jpg

どちらかというと、無骨で四角い無口な彼だった。今は、どうしているのかな・・。
posted by sotoyan at 23:29| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

お土産です!


jam.jpg

休み明けの月曜日、同僚からお土産プレゼントを2つ貰った。




一つは自家製ジャム、

もう一つは群馬のさしみこんにゃく。




sashi.jpg






どちらも美味そうで、思わず、

ラッキー〜〜exclamation×2 と言う感じだ。

今週は、ついてるかな? 手(チョキ)
posted by sotoyan at 00:08| Comment(6) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

試された!

蒸し暑い日が続く。今日は横浜港の海港記念日だが、勿論、休みではない。その名を冠した学園ならばと、生徒ならずとも思いたくなるもの。そんな最中、次のような、「ナゾナゾ」を子供たちから試された。

@春・夏・秋・冬、1年間の中で一番長い日数はどれでしょう。

A同年、同月、同日、同時に同じ親から生まれた子供は何と呼ばれるでしょう。双子ではありません。

Bマラソン大会で、2位のランナーを抜いたランナーは何位でしょう。


さて、皆さんはお分かりひらめきだろうか?

これらは、とある番組で放送されたようなのだが、いきなり言われると結構戸惑う。僕も実は@しかできなかった。Aについては、ベトちゃんドクちゃん等と口走ってしまった。もっとも、「お母さん、頑張った!」というヒントで正解を答えられたが・・。Bについても、良く考えれば当たり前なのだが、つい勘違いしてしまう。

自分では結構柔軟な頭のつもりでいたが、どうして、大分固くなっていることが分かった。そう言う意味では、子供たちに感謝だな・・。わーい(嬉しい顔)

正解は、いいよねexclamation&question




posted by sotoyan at 16:54| Comment(5) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。